※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『愛がなんだ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月24日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2019年4月に劇場公開。
    愛がなんだ
  • 監督
    今泉力哉
  • 出演・キャスト
    岸井ゆきの、成田凌
    深川麻衣、若葉竜也
    穂志もえか、中島歩
  • 原作は角田光代による小説『愛がなんだ』

映画『愛がなんだ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
愛がなんだ

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
愛がなんだ レンタル

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年5月24日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
愛がなんだ レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!8万本以上の動画を配信!フジテレビの人気ドラマやアニメ、映画、バラエティ。さらに人気の韓流ドラマや海外ドラマ。そしてここでしか見られないFODオリジナルドラマなど、多彩なコンテンツが楽しめます。
さらに200誌以上の雑誌も追加料金なしで読み放題。様々なジャンルの雑誌があるので、通勤中や休憩時間にも楽しめる!
視聴端末は、スマホ(iPhone、Android)、タブレット、パソコン(Windows、mac)、そしてFire TVやChromecastを使えば、大画面のテレビでも楽しめます!
FODプレミアム公式はここから
※FODプレミアムに無料期間はありません。

この記事は2024年5月24日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
愛がなんだ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

物語は普通の会社員テルコがフラフラとつかみどころのないマモルを好きになり追いかけていくお話で、現実にも恋愛体質で恋人中心に生活する人がたくさんいますがテルコのそれはかなり異常に見えます。でもどこか他人ごとではなくテルコとまでは言わずともその恋愛依存体質に共感する人もたくさんいるのではないでしょうか。大好きなマモちゃんを追いかけるテルコははたから見てもとても空回りしていて、それを少し鬱陶しく思いながらも都合よく手放しはしないマモちゃん。しかし、新しい登場人物が出てきた瞬間視点が変わり、マモちゃんもまた空回りする無様な恋愛依存者に。自分はきっと一生追いかけ続ける恋愛なんてすることがないだろうと思いつつも、テルコの一途さに少しうらやましく思いながら鑑賞しました。きっと見る人みんな、登場人物の誰かに共感する部分があるのではないでしょうか。
女は感情の生きものなんて言葉が世の中には存在します。女性差別に繋がりそうで、うかつに用いることができない言葉ではありますが、実際特定の男性に惚れ込んで全身全霊を尽くしてしまう女性が少なからずいることを鑑みると、一概に否定もできないのが正直なところ。この映画に登場する山田テルコという女性の田中マモルという男性に対する愛はまさに盲目的で、そんな言葉を思い出さずにはおれません。傍から見るとその行動は、彼女自身の人生を壊してしまいそうで忠告してあげたくなるのですが、本人からすれば余計なお世話としか言いようがないことも容易に想像できてしまいます。現実にこういったタイプの女性に出会った時、どう対応したらよいのか考えながら鑑賞した映画でした。
まさに今時の恋愛映画だなと思いましたが、まあこれはこれで一つの恋の形で良いと思います。ひと昔前の昭和的な価値観だと、相手のことを一途に好きになったり、結婚を恋愛のゴールと設定したりと固定観念的な恋愛関係が多かった気がしますが、そもそも男と女の関係には決まったものはなく、色々な形があって良いと思います。本作のようにたとえ相手に好かれなくても、自分が相手のことを好きでそれが幸せならばそれはそれで良いのかなと思いました。そんな何だかモヤッとした恋愛関係を、岸井ゆきのと成田凌が絶妙な演技で演じています。定番でありきたりな恋愛映画では面白くない、ちょっと変化球的な恋愛映画が好きだという方にオススメです。
恋愛映画なんだけど、主人公の成長もしっかり描かれていて好感持てる作品でした。女性におすすめだけど、カップルや友達同士でも観てほしい映画です。想像通りのクズ男役を演じてくれたり、そこからの変化球も良かったです。まもちゃんの姿はあまり褒められたものじゃないし、尻尾振ってるのがイヤだって感じるし、自分だったら冷めると思います。でも、てるちゃんは違うんですよね、好き、嫌いって人それぞれですから、見終わったあとは意見交換し合います。みんなが幸せになれる世界なんてないし、いろんなことを考えさせられたけど、あんな人になりたいって思う気持ち、意外に分からないワケでもありませんでした。個人的には、愛するなら、愛されたいと思わないって決意できた映画です。
ある女性が自分の愛が報われないと自覚しているのに、一人の男に依存してしまうところがとてもリアルだと思いました。恋は盲目という言葉もありますが、この映画に出てくる女性は恋というよりは執着しているだけなのではないかと思いました。観客目線から見ると、何でそんな無駄なことをするのかと問いたくなるような行動をするシーンがいくつもありますが、それくらい執着というのは人の心を乱す力があることが伝わってきました。成田凌さんの演技力が非常に秀逸なため、女性を本当にたぶらかしているクズ男にしか見えなかったのがスゴかったです。幸せになるためには他人に依存せず、自立していきることが大切なんだということを痛感できる作品でした。
今おすすめのお得情報!