動画配信状況

映画『PLAN 75』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月26日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年6月17日に劇場公開。
  • 監督・脚本
    早川千絵
  • 出演・キャスト
    倍賞千恵子、磯村勇斗
    たかお鷹、河合優実、串田和美
    ステファニー・アリアン、大方斐紗子

映画『PLAN75』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

超高齢化社会、人生100年と言われて人の寿命が伸びて長生きをすることが本当に幸せなのか、何歳まで生きるのが幸せなのか、そもそも幸せとは何なのか、色々と考えさせられるようになってきました。本作では75歳になったら死を選択する権利もあるというちょっとドキッとするような内容ですが、まあ確かにそういう選択肢も本人が良ければありなのかなとちょっと考えさせられる作品でした。もちろん、死んだらおしまい、生きてなんぼだとも思いますが、生きていて不幸せを感じるくらいならそうすることもありかなと思います。すでに高齢の方も、これから高齢層になる方も他人事ではないテーマなので、見ると色々と心の準備になって良いと思います。
タイトルが気になっていた作品ですが、75歳になったら死を選択できる世界の映画です。圧倒的にここはどうしても貧富の差を感じました。なんとなく、人に迷惑をかけたくないと考えてしまう人は日本には多いだろうから、国が制度を決めた時に、それに従うだろうと思ってしまいます。本作では言葉ではなくて、映像で様々な視点で表現しています。そこが怖いなと思いつつ、その演出が面白かったです。興味深かったのは、プラン75に関わって仕事している若者が、同情していても、引き受けて面倒みることはできないという、気持ちの葛藤はリアルに描かれていたと思います。こんなにテーマが思いのに、ラストには希望が見えていたのは本当に良かったと思いました。観終わった後にどうしても語り合いたい、考えたいと思う作品でした。
この映画、下手なホラー映画よりよっぽど怖さを感じる作品です。何しろ高齢化が進む今の日本の社会では、凄まじくリアリティを感じさせられてしまうストーリーだからです。実際、社会保障制度に持続性が感じられない状況で近未来の日本の高齢者たちの余生は暗いものになることはほぼ確実視されますからね。今でも多くの高齢者が体の不調や経済的困窮といった深刻な悩みを抱えているわけで、そこに死という選択肢が与えられたら、生き辛い状況を続けるよりは死を選ぶ人は少なくないだろうなと予想されます。またこの映画で注目したいのは、死を選ぶ高齢者に対する残された周りの若い世代の人々の心情ですね。実際、私の両親がこのような制度で死を選んだ場合、残された私の心情がどんなものになるのか想像を絶する部分があります。安楽死議論にも一石を投じかねないこの映画。かなり重たいテーマの作品であることは間違いありません。
少子高齢化が進行している日本に住んでいるからこそ、この映画の中で起きている全ての出来事が他人事だと思えませんでした。PLAN75という制度も、もしかしたら未来の日本で本当に起こりうるかもしれないという絶妙なリアルさが良かったです。まだ自分は高齢者からはかけはなれた年齢ですが、この映画を見てからは老後の自分の姿を無意識のうちに想像してしまうようになりました。それくらいメッセージ性の強い映画であり、高齢者としての在り方を考えさせられる内容です。安易にお涙頂戴な展開にならないところも良くて、最初か最後まで硬派な社会派映画として見ることができました。出演している役者たちも素晴らしく、セリフ以外のちょっとした表情の変化などでも感情が伝わってきました。
映画館で観たのですが、周りにはお年寄りが多かったのでのんびり観ていたら、次第に内容が深刻になってきて、最後まで観るとホラーとは違った怖さがある映画だと感じました。お年寄りたちも終わった瞬間にザワザワしていたので、思っていた以上に怖かったのだと思います。
安楽死問題というのは度々映画でも取り上げられていますが、この映画はちょっと違った「生きる」ということについて考えさせられる内容の作品になっていました。75歳以上から死を選択出来るという法律が施行された日本が舞台になっているのですが、選択出来るという選択肢の無さが、日本特有の同調圧力を感じさせているのが伝わり、リアルな雰囲気が出ていて個人的にはある意味怖い映画だなと感じましたし、将来について考えさせらた映画になりました。
現代日本社会の大きな問題である、少子高齢化にスポットを当てた作品でした。それが一層進んだ、近未来の日本を舞台にストーリー展開していきます。
満75歳から、生死の選択権が与えられる制度「プラン75」を日本政府が可決、施行したことで、死を選択できる法律が成立します。
これは、日本社会に於いては大きなステップですし、「生きる」ということそのものを、色々と考えさせられる作品でした。「安楽死」制度とは、また違った印象を受けます。
映像技術のクオリティも高く、主演されている倍賞千恵子さんをはじめ、女優俳優陣の演技力も光っているため印象に残ります。
音楽にも特徴を感じるので、映画館のスクリーンでより映える作品でした。
今おすすめのお得情報!