動画配信状況

ドラマ『僕のいた時間』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年7月1日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2014年1月~ フジテレビ系列でテレビドラマ放送。
  • 出演・キャスト
    三浦春馬、多部未華子
    斎藤工、風間俊介
    山本美月、野村周平
    浜辺美波、原田美枝子

ドラマ『僕のいた時間』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
僕のいた時間

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年7月1日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
僕のいた時間 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

このドラマは生きることの大切さを教えてくれました。突然ALSという病にかかってしまう三浦春馬さん演じる主人公の葛藤や劣等感、そして生きたいという気持ちがとても鮮明に描かれていて私がもし主人公の立場だったらどうするんだろうと何度も考えました。最後まで懸命に生きようとする主人公はとても素敵でした。そして生きることも死ぬことも辛いという主人公の気持ちに胸が締め付けられました。また主人公の家族や彼女や友達の優しさにも感動しました。私も命を大切にしようと改めて思いました。とにかく三浦春馬さんの演技が上手なので引き込まれました。ALSでどんどん身体が動かなくなっていく様子や気持ちの変化がとてもリアルでした。名作です!
このドラマで初めてALSという病気を知りました。それも突然になるから、主人公の拓人(澤田拓人)がALSになって、だんだんと体が動かなくなるのを観て、症状を具体的に知るとその進行に驚きます。そして、歩けなくなって、自分で食事もできず話せなくなります。そんな状況で生きていく拓人と、それを家族や友人が支える姿に感動するドラマです。拓人の生きていくのも死ぬのも苦しい気持ちになるのが、よく分かって観ながらも切なくなります。自分のことに置き換えて考えてしまいます。生きていることは幸せだということ、大切に生きていこうと思えました。ドラマを観た後で色々と考えて、誰かと語りあえることもできました。涙でウルウルしながらも楽しめるドラマなので、お勧めです。
ALSの辛さや体を動かせないもどかしさが、三浦春馬さんの演技を通してリアルに伝わってくるところがこの作品の凄さだと思います。ただネガティブなところだけではなく、病気になることで周りの人たちから助けて貰える様子や自分ができることに目を向けていく様子など、希望を感じられるシーンもたくさんありました。なので見ていて自分も頑張ろうという気にさせられます。病気の悩みだけではなく、若者だからこそ抱える人間関係の悩みなども描かれています。なので、病気になったことがない人でも共感できるところがたくさんあり、主人公に感情移入できると思います。そして病気になってしまった人に対する関わり方についても考えさせられるシーンがあり、他の人を助けることの大切さを学べました。
全話観ました。とてもいいお話でした。この作品で初めてALSと言う病気を知りました。この三浦春馬さんはとてもいい芝居をしていて本当に感情移入してしまいました。拓人と恵のラブストーリーからも目が離せませんでした。最初の頃は幸せでキュンキュンしながらみていましたが、後半は涙なしでは観れませんでした。病気の事を知って恵の為に別れた時は号泣しました。正直斎藤工さんにものすごく腹が立ちました。でも誤解が解けてまたよりを戻した時はとても嬉しかったですが、複雑な気持ちでもありました。2人には苦労しか待っていないと思ったからです。でも恵はいつもどんな時も前だけをみて拓人の事だけを想っていた。本当に素晴らしい作品でした。
ALSについてはこのドラマを見る前もなんとなくは知っていましたが、このドラマがきっかけで詳しく知ることができました。三浦春馬さんの繊細な演技は、とてもせつなくて、見ていて病気のつらさを強く訴えかけられました。だんだん体が動かなくなっていくこと、それをまわりにどう告げていくか、いろいろと考えさせらえました。三浦春馬さんと多部未華子さんはとても役にぴったりで、真摯に生きているかんじがよかったです。海辺のシーンがとても印象的で、このドラマの中でもキーになっていました。主人公の勤めていた会社も最初はいろいろあったけど、病気とわかってからは協力的で、いろんな会社がみんなが働きやすい環境に寛容に変わっていくといいなぁと思います。
ALSという次第に体の自由がきかなり、最後には死に至る残酷過ぎる病気に侵された若者のお話。そのALSに侵されていく主人公拓人を、三浦春馬さんが本当に見事に演じられています。病気の性質上まさに生きることも死ぬことも辛い。その気持ちが演技からまじまじと伝わってきて、胸が締め付けられました。また、三浦春馬さんやそのパートナー役を務めた多部未華子さんはもちろんのこと、脇を固める役者も実力派が揃っているところも良かったです。さらに、脚本もしっかりした構成をしているので、まさに隙がない良作です。見て楽しい気持ちにはなれません。でも、今生きるということの尊さをまじまじと考えさせてくれる、そういう意味ではとても前向きな気持をくれる作品です。ぜひひとりでも多くの人に見てもらいたいです。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像