動画配信状況

ミュージカル映画『ハミルトン』はどこで配信している?

※本ページの情報は2022年6月23日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • トニー賞11部門、グラミー賞、ピューリッツァー賞など多数の賞を受賞している傑作ブロードウェイ・ミュージカルを映像化。
  • 2020年からDisney+ (ディズニープラス)で配信を開始。
  • 監督
    トーマス・ケイル
  • 出演・キャスト
    リン=マニュエル・ミランダ、ダヴィード・ディグス
    レネー・エリス・ゴールズベリー、ジョナサン・グロフ
    クリストファー・ジャクソン、ジャスミン・セファス・ジョーンズ

ミュージカル『ハミルトン』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

作品名 配信状況
ハミルトン
特別番組
作品名 配信状況
ハミルトン:歴史が君を見つめている
The Undefeated presents: 徹底取材!「ハミルトン」

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」「NATIONAL GEOGRAPHIC」「スター」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
さらに「glee/グリー」、「24 -TWENTY FOUR-」、「ウォーキング・デッド」など海外の人気ドラマも配信!
7つのプロフィールを作れて同時視聴は4台まで可能なので家族みんなで楽しめる。
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。

ディズニープラスはこちら
(dアカウントで登録)

ディズニープラスはこちら
(dアカウント以外で登録)

※Disney+ (ディズニープラス)に無料期間はありません。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

とにかくいまのミュージカル界の巨匠といえば、リンマニュエルミランダです。自身で主演もやりながら、制作、演出、作曲をしているミュージカル俳優兼演出家なんてなかなかいません。彼の作品はインザハイツなど含め移民をテーマにした作品が多いですが、ハミルトンはアメリカの歴史的に本当に素晴しい題材を扱っていると思います。ハミルトンがブロードウェイで上演されたとき、丁度トランプ政権になったくらいで移民に対する目がとても厳しい時期でした。そんななかで上演をし、メッセージを伝えるのは本当に素晴らしいです。また、ハミルトンの中にも女の恋愛関連のドロドロをいれているので、ミュージカルに抵抗がある人でもドラマ感覚でみれると思います。
作品のメッセージもしかり、曲もキャストも素晴らしいです。
ミュージカルは、実際に舞台で観るのが一番ですが、本作のアメリカ史をヒップホップで語ってるのが、斬新で最高な作品でした。主人公はアレグザンダー・ハミルトンというアメリカの英雄です。ラップが好きですが、議会がラップバトルみたいなので、すごく楽しいのです。観ていても、自然と身体動いてしまいました。見どころは、イギリス国王の動きです。とても絶妙なのでぜひ、観てこれを味わってほしい。たぶん、頭からこの国王の曲が、離れないと思います。映像に関しても凄く感心しました。カメラワークが良いのです。こんなに爽快で壮大な映画を観るのは久しぶりに感じました。観る前にアメリカの歴史を読んでおくと、楽しみは倍増すると思います。
数々の賞を総なめにしたブロードウェイのミュージカルを映像化した作品なのですが、やはりこのミュージカルは名作の名に相応しいものですね。俳優達の熱のこもり方がまず段違いです。ここまでセリフの声量が突き抜けるものかと呆気に取られました。10ドル札の肖像にもなっているハミルトンの生涯が、この劇を見ることで全てわかったような感じがするので歴史に興味がある人は絶対に見た方がいい作品です。自分の勝手なイメージで、お札になる人はとても偉いという印象があったのですが、ハミルトンの人生を見ていくとかなり波瀾万丈で一言では表せないくらいの濃密さなので必見ですね。ミュージカルですから歌のパートもあり聞くだけですごく心踊ること間違いなしです。
波乱万丈な人生を送る人々のドキュメンタリーを見ると、自分はどうやってもこのようには生きられないと思いますが、この映画は特にそう思わせるような映画です。主人公のハミルトンは、貴族の父を持ちますが、その貴族は零落していて、どんどんと貧しくなっていき、そしてハミルトンは孤児になってしまいます。しかし、頭の良かったハミルトンは、商売で金を儲け、自分で自分の身を守ることのできる立派な大人になります。その描写が何というか、勢いがあって素晴らしかったです。それから、アメリカであの有名な独立戦争が起こります。勿論、ハミルトンも参加することになります。しかも、アメリカ建国の父と呼ばれるくらいの活躍をします。その模様は、是非映画を見て確認してください。
アメリカという国がどうやって建国されていったのかをミュージカルで表現し、しかもそこにヒップホップの要素を入れる斬新さがこの作品の素晴らしいところだと思います。正直アメリカの成り立ちについてはそんなに興味がなかったのに、ミュージカルが始まってからはどんどん物語の世界に魅了されてさらに深い歴史を知りたくなりました。今までミュージカルというのは美しい歌声や力強い歌声でオペラのような歌を歌うイメージがあったのですが、この作品では体が思わず動いてしまうようなビートとラップが聞けるので、かなり熱中して入り込んでしまいました。議会で行われる議論もミュージカルにすることによって退屈さを減らすなど、観客の興味を離さないための工夫をたくさん感じることができました。
個人的には、ミュージカルはストーリーの内容よりも雰囲気を楽しむ作品かなと考えています。何しろ歌と踊りがメインなので、通常の映画のように話の流れを落ち着いて分析することが難しいのですよね。ですから私としてはこういったミュージカル系の映画は、先にストーリーを読み解く上で必要な、登場人物や歴史背景といった予備知識を身につけておいた方が良いと考えています。この映画は、アメリカ合衆国建国の父の1人と言われているアレクサンダー・ハミルトンという人物の半生を描いているそうで、基になったミュージカルは非常に評価が高いそうです。私はミュージカルとしての良し悪しを判断できるほどの教養は持ち合わせていないのですが、まずアレクサンダー・ハミルトンという人物の興味深い生涯を知り、その上で映画の鑑賞に臨みました。予備知識のおかげでストーリーの大まかな理解に支障はなかったですし、ミュージカル部分も素直に楽しめたと思います。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像