動画配信状況

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年6月に劇場公開。
    漁港の肉子ちゃん
  • アニメ映画化にあたってタレントの明石家さんまが企画・プロデュース。
  • 出演声優・キャスト
    大竹しのぶ、Cocomi
    花江夏樹、石井いずみ
    マツコ・デラックス、吉岡里帆
  • 受賞
    スコットランドのアニメ映画祭「スコットランド・ラブズ・アニメーション」で最高賞となる「Jury Award」を受賞。
    第46回 報知映画賞 アニメ作品賞。
    第25回 文化庁メディア芸術祭アニメーション部門 優秀賞。
  • 興行収入は3億円に届かず爆死というワードが飛び交ってしまった本作ですが、スコットランドでアニメ映画最高賞を受賞するなど、作品としては高く評価されています。
  • 原作は直木賞受賞作家の西加奈子による小説『漁港の肉子ちゃん

アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん レンタル

HuluストアはHulu会員限定のレンタル、購入サービスです。
Huluはレンタル以外に見放題作品も多数用意。配信本数は10万本を突破。
まずはHuluに2週間無料登録!
HuluにログインしたらメニューからHuluストアを選択

Huluの無料体験はここから

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月20日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

dアニメストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん レンタル

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
漁港の肉子ちゃん DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

連れがみたいということで観に行きました。
明石家さんまと大竹しのぶのコラボレーションという事で話題にもなった映画です。
正直、話題性重視で内容は大したことないのかなと期待せずにいました。
前半は主人公の肉子と小学生の女の子である子供が、地元の漁師町で暮らす情景や学校での友達関係などの様子がほのぼのと映し出され、まったりとした感じで進んでいきます。
しかし子供が体調を崩し、肉子が病院に見舞いに行くシーンあたりで、次第に肉子の波乱万丈の人生や、似ても似つかない子供との関係性などが次第に明るみになっていきます。
前半はほのぼのギャグ系、後半は感動系の構成となっており、会場では涙をすする声も聞こえました。
人情ものが好きな人にはお勧めです。
アニメーションがリアルで引き込まれました。ファンタジックな感じで、船で暮らしている親子の設定も若干非日常的な感じがしますが、肉子ちゃんのキャラクターは、案外日常的な雰囲気を持っていながらも、強烈な個性を醸し出しています。他のキャラクターのデザインとはかけ離れているように見えますが、見ているうちに違和感がなくなります。そして最後まで見た時に思ったことは、人間味あふれる人物像をベースに、暖かい人間関係を創出しているので、とても心に響く傑作になっていることでした。愛のあるアニメーション映画は、実写より画像がシンプルな分、深く感動をよんでくれるような気がします。あと、明石家さんまがかなり関わっているということで、所々の笑えるところは、彼のプロデュースかなと思って楽しくなりました。
漁港の船で暮らす肉子ちゃんと娘キクコ親子の物語です。大竹しのぶさんのパワフルな声は肉子ちゃんのイメージによく合っていると思いました。しっかり者の娘と肝っ玉母さんで、人情深くて、ちょっとお人よしすぎる母というありそうな親子像なのだけれど、実はキクコと肉子ちゃんの間には複雑な親子関係があります。肉子は性格は良いお母さんだけど、男に騙されて借金などのトラブルにも見舞われ、子供のキクコは住む所を転々とすることを余儀なくされてかわいそうという感じもしました。繊細なキクコの性格と思春期を迎える女の子の持つ難しい部分も丁寧に描かれています。心に秘密を抱えていて、学校でもまわりとあまりうまくいかなくて、たった一人の友達とぎくしゃくしてしまったキクコはかわいそうだと思ったけれど、共感しあえる二宮に出会えて良かったです。自分のお母さんを大好きだけど恥ずかしく思ってしまう思春期の娘の気持ちはちょっと共感しました。でもなんだかんだいってもキクコと肉子ちゃんはお互い愛があってよい親子だと思いました。ホッコリできるストリーでした。
明石家さんまさんがプロデュースしているという点でかなり期待値は上がっていましたが、それをゆうに超えてきましたね。まず映像がすごく美しいです。西加奈子さんの小説が原作なのですがその雰囲気を壊すことなく見どころ十分です。あと声優陣がかなり豪華で下野紘さんや花江夏樹さんなど錚々たる方々が参加していることで更に面白さが増しています。肉子ちゃん役が大竹しのぶさんだったのですが、最初大竹さんだと思いませんでした。自分のイメージしている声色と違っていたのですごく新鮮です。肉子ちゃんと娘キクコの関係性が描かれていくのですが、ちゃんと心に響くセリフも多くて、すごくこのキャラクターたちが大好きになります。やっぱり肉子ちゃんの性格が本当に魅力的ですね。
常に明るくて能天気な肉子と慎重派で人見知りのキクコ、この二人のキャラクターがとても魅力的で良かったです。明るい性格が良い、暗い性格はダメということはなく、あくまでも性格というのはその人の持っている特徴だというのがしっかり描かれていました。さらにこの作品は明石家さんまさんがプロデュースしただけあって、ギャグシーンがかなり多かったです。それも下品な笑いではなく、古典的なジョークを使ったりする感じで、優しい笑いがたくさん詰まっていました。肉子とキクコの周りの人たちもみんなあたたかい人ばかりで、こんな街に住んだら毎日が楽しくなりそうだなと思いました。ポジティブなメッセージ性もあり、見終わったあとは不思議と元気をもらえる作品でした。
都会での厳しい生活に疲れた人々が、田舎に移り住みスローライフを送る、という物語はよくありますが、この映画もそのようなジャンルです。しかし、他のスローライフものとは一味違います。男に惚れやすく騙されやすい肉子ちゃんと、まるでそれを反面教師にしたようにしっかりとした性格に育ったキクコちゃんが、閉塞感ある田舎に揉まれながら、それでもその場を肯定することで、どうにか生きていこうとする、という、人間の成長物語です。最後には衝撃の事実も待ち構えており、身構えていなかった僕はとても驚きました。西加奈子さんが原作となる小説を書き、その作品に惚れ込んだ超有名芸人明石家さんまさんが監督を務めました。名作です。
今おすすめのお得情報!