動画配信状況

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年5月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2012年2月に日本で劇場公開。
    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (字幕版)
  • 監督
    スティーブン・ダルドリー
  • 出演・キャスト
    トム・ハンクス、サンドラ・ブロック
    トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー
  • 原作はジョナサン・サフラン・フォアによる小説

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年5月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (字幕版)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (吹替版)

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

この映画は、2001年に起きた9.11事件を背景にしています。主人公のオスカーはこのテロ攻撃でお父さんを亡くしてしまう訳ですが、同じような悲劇が当時亡くなった人の数だけ起きていたのだろうと想いを馳せましたね。同時に9.11事件以外の様々な戦争やテロ、災害でも同様だと。そんなふうに、前半はちょっと暗い気分に陥りながら鑑賞することになったのですが、オスカーが調査探検を続けながらいろいろな人々と出会い、最終的に父親を亡くした悲しみを乗り越えてゆく展開がとても感動的で、気分も一気に引き上げられました。同時に鑑賞後に振り替えると、感情の起伏を表情で表現していたオスカー役の子役少年の演技力が凄まじかったことにも気づかされました。感動と共に、大きな満足感を得られた作品でした。
『リトル・ダンサー』で知られるスティーブン・ダルドリー監督が、また一人の少年をスクリーン越しに誕生させました。トム・ハンクスとサンドラ・ブロックという名優二人が脇を固めた、本当の意味での人間ドラマです。9.11が奪った父親の存在。アスペルガー症候群の少年にとって、自分を全肯定してくれる父の存在。そんな父が遺した遺品の中から出てきた一本の鍵。ニューヨーク中を駆け巡る、少年の旅が始まります。お涙頂戴の場面があるわけではなく、ニューヨークという都市らしい、ドライな物語が展開していきます。けれど、その淡々とした筋書きから、立ち昇ってくる感情は、見ているこちら側の感情を震わせます。原題は『Extremely Loud and Incredibly Close』で、それを『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』と訳されています。それが何を意味するのかについては、様々な考察があるようです。タイトル一つとっても考えさせられるこの映画は、必見の傑作です。
主人公のオスカーの心の繊細さが上手く表現されていて、そんなオスカーが亡くなってしまった父親のために頑張る姿に感動しました。911テロの話がこの映画の中に出てくるので、結構重たい内容ではあるのですが、人生において役に立つような考え方や教訓を学べるシーンもたくさんあります。特に「何もないより、失望がある方がいい」という台詞には一番心を動かされました。何もなければ変化はできないけれど、失望をすることによって、そこから這い上がれるような自分に成長できるんだと改めて思いました。父親と子の関係がメインとなっていますが、母親からの深い愛情を感じられるシーンもちゃんと用意されているのが良かったです。そんな両親からの愛を受けていたからこそ、オスカーは苦難を乗り越えられるようになったのかなと思いました。
タイトルを見ただけではどういったストーリーなのか全くわかりませんでした。
強引に丸く収めようとしていたり、わざと泣かせようとしていたりすることがなく、丁寧に繊細に作られた作品です。
特に、子役の演技が素晴らしくて中盤のあたりから涙が止まらなくなりました。
子供ながらに論理的に物事を考え集中して1つのことに取り組む姿を父親は否定することはせず、見守る父親がステキでした。
序盤辺りでは、生きた証を探していくストーリーなのかなと思っていたのですが、残された人たちが再び立ち上がり生きていく、といった印象でした。
そして、大切な人を失う喪失感を軸に、家族観や親子の接し方や距離感などが上手く表れているなと感じました。
トムハンクスとサンドラブロックというとても好きな俳優陣が出ているのですごく面白い作品です。ある日オスカーがクローゼットで一つの鍵を見つけるところから物語がスタートするので、とても先の展開が気になりましたね。9.11で父親を亡くしているというバックボーンがすごく切なさを募らせてくれてオスカーに対して同情できます。ニューヨークの街で鍵の正体を探すためにオスカーが奔走するので、この鍵が一体なんなのかとても興味が湧きましたね。この映画では家族愛の部分もすごく丁寧に描いてくれているので色々と考えさせられることばかりです。あとトムハンクスの演技が本当にナチュラルで物語にどっぷりと浸かることができました。演技派の俳優がいるとそれだけで作品が輝いて見えます。
本作『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』はアスペルガー症候群と発声障害を抱える男の子・オスカーの姿を描いた涙無しでは語れない作品となっております。息子・オスカーが自信を持って生きていけるように父親のトーマスが残したメッセージを知ったときに同じく息子を持つ自分としては溢れるくらいに涙が止まりませんでした。そんな彼が3.11のテロによって亡くなってしまったという設定にも胸を打つものがありました。親と子という無償の愛で結ばれた関係をこれほどまでに美しく描いてくれた作品は無かったと思います。スティーブン・ダルドリー監督は代表作である『リトル・ダンサー』でも少年を主人公にしておりましたが、登場人物に寄り添うような優しい視点が非常に素晴らしいとこの作品で改めて思いました。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像