※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマと映画『ミステリと言う勿れ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年2月20日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 原作は田村由美による漫画『ミステリと言う勿れ』
    ミステリと言う勿れ(1) (フラワーコミックスα)
  • 2022年1月~ フジテレビ系列「月9」枠でテレビドラマ放送。
    ミステリと言う勿れ
  • 出演・キャスト
    菅田将暉、伊藤沙莉
    尾上松也、筒井道隆
    白石麻衣、遠藤憲一
  • 2023年9月15日に映画『ミステリと言う勿れ』が劇場公開。
    映画『ミステリと言う勿れ』 Blu-ray通常版 [Blu-ray]
  • 監督
    松山博昭
  • 出演・キャスト
    菅田将暉、松下洸平
    町田啓太、原菜乃華
    萩原利久、柴咲コウ

ドラマと映画『ミステリと言う勿れ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

映画
作品名 配信状況
ミステリと言う勿れ ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年2月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

テレビドラマ
作品名 配信状況
ミステリと言う勿れ オプションチャンネル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

FODプレミアムで配信中の作品

テレビドラマ
作品名 配信状況
ミステリと言う勿れ

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!8万本以上の動画を配信!フジテレビの人気ドラマやアニメ、映画、バラエティ。さらに人気の韓流ドラマや海外ドラマ。そしてここでしか見られないFODオリジナルドラマなど、多彩なコンテンツが楽しめます。
さらに200誌以上の雑誌も追加料金なしで読み放題。様々なジャンルの雑誌があるので、通勤中や休憩時間にも楽しめる!
視聴端末は、スマホ(iPhone、Android)、タブレット、パソコン(Windows、mac)、そしてFire TVやChromecastを使えば、大画面のテレビでも楽しめます!
FODプレミアム公式はここから
※FODプレミアムに無料期間はありません。

この記事は2024年2月20日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

テレビドラマ
作品名 配信状況
ミステリと言う勿れ DVD
ミステリと言う勿れ特別編 レンタル開始日:2024年02月21日
映画
作品名 配信状況
映画『ミステリと言う勿れ』 レンタル開始日:2024年03月08日

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8枚、旧作なら8枚制限なし。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』

テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
ミステリと言う勿れは時系列がバラバラなので、全体を通してじっくり見ないと、何が起こっているのかよくわからなくなってしまいます。ですが、その反面、次何が起こるのだろう、今どうなっているのだろうと次回が楽しみになる魅力があります。さらに、1話毎に伏線がたくさん貼られており、伏線回収がとても素晴らしいです。毎回あっと驚く展開があり、2回3回と見直してしまいます。まだまだ解決していない問題がたくさんあるので、きっと続編が作成されると思います。続編を楽しみに、今までに放送された回を何度も見返してほしいです。また、キャストがとても素晴らしいです。毎回大物俳優さんが出演されています。1話目で遠藤憲一さんがご出演されてそれ以降出ていないのが本当にびっくりで、ものすごく印象に残っています。ですが、その他にも凄い俳優さんたちがたくさん出ております、ゲストに関してもすごく楽しみな要素の一つです。
テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
大学に通う天パで、もじゃもじゃ頭の主人公(菅田将暉)が、たまたま事件に巻き込まれた事でこのストーリーは始まります。
毎回、ストーリーの大枠は、よくある刑事ドラマと同じなのに、主人公のオリジナリティあふれる目線で推理されていく事で、新しい切り口や、少し変わった角度から事件や犯人を見ることができます。
私は、刑事ドラマが昔から好きなのですが、いつもそれは刑事と犯人がハッキリしていて、順序通り、セオリー通り逮捕する流れが決まっていることで、もの足り無さを感じていました。
しかし、この「ミステリーという勿れ」は、「なぜそんな事件を起こしてしまったのか」に、隠された強いメッセージが込められていて、犯人だけが本当に悪いのか…と、疑問を感じてしまいました。
たしかにやったことは悪いのだけど…犯人の気持ちはそのまま「犯罪者だから」と、蓋をして片付けてしまっていいのか…毎回立ち止まって考えてしまいます。
いつもの刑事ドラマは、少し見逃しても「まぁいいか」と思っていたのですが、このドラマは少しも見逃したくない、そんなドラマでした。
テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
まずなんと言っても魅力的だったのが菅田将暉さん演じる主人公の久能整でしょう。
本人自身は事件を解決するつもりはないのに、そこにある謎が気になって解き進めていった結果、事件も解決してしまう。
頭は切れますが本人の性格は至って素朴で、特別に貪欲さは見られないものの、決して欲が無いわけでもない。そんな普通さも魅力でした。
また一般には当たり前と受け入れてしまっている小さなことにも疑問を持ち、社会的に弱かったり、少数だったりするような意見でも堂々とニュートラルに語る姿も素敵でした。
そして本作においてヒロイン的な役割である伊藤沙莉さん演じる風呂光さんも魅力的でした。
原作のキャラクターとは少し違っていたようでそこが物議を醸したりもしていたようですが、健気で、弱いながらも刑事として真実を見過ごそうとはしない姿勢にも心打たれました。
人の弱い部分を優しく包み込むような作品でもあったと思います。
テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
よくあるただのミステリーや刑事ドラマではなくて、人間模様や家族関係などジーンと心に響く言葉を菅田将暉くん演じる久能整くんがしっかりと伝えてくれる所にも心がぐっと動かされます。
ゴミ出しに関してや、育休そして子育てに関して一生懸命だったり家族が非協力的だなぁと感じる人ほど家族と一緒に見た方がいい名言も久能整くんが言ってくれます。
犯人やその時その回に出てくる犯人や立ち会った方にもクスッと笑えるうえに、先述したように「よくあるただのミステリー」ではないので犯人にも犯人のストーリーがあり、そこにまだ学生である主人公 久能整くんの的確かつ心が動く言葉に犯人だけじゃなく視聴者も論破されて感動するので、毎週見終わると心がスッと軽くなりました。
原作者さんの頭の良さと、ドラマ化の際の監督さんなどの演出と、言わずもがな知られた菅田将暉くんの演技力が相まってドラマ上最終回が寂しかったほど好きなドラマです。
テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
菅田将暉さんがお気に入りの俳優と言うのが理由で見始めたのですが、菅田さんのもじゃもじゃヘアのインパクトがありすぎて腰を抜かすほど驚きましたし、演じているキャラクターも掴みどころのない面白く個性的過ぎるキャラだったという印象が強く残りました。彼の恐ろしいほど鋭い優れた推理力を活かし次はどんな推理を働かせてどう事件を解決に導いていくのだろうかと毎回楽しみでした。
船越英一郎さんが2時間ドラマではなく珍しく1時間ものの連続ドラマに出演していたのも印象的でしたがやはり船越さんは刑事役が大変様になっているなと改めて思いましたし船越さんが登場すると画面がぐっと引き締まりぴしっとしたいい緊張感が走った点もドラマの質をより上げていた気がします。
テレビドラマ『ミステリと言う勿れ』
主人公の整はそこにいるだけでも癒されるような優しいオーラがあるけれど、放つ言葉や投げ掛ける疑問の一つ一つが鋭くて、魅力的な主人公だなと思いました。そんな整を演じている菅田将暉さんの演技も素晴らしく、見た目に関しても原作の見た目に頑張って寄せているのが伝わってきました。ストーリーに関しては原作から大きく改変された部分もありますが、改変された後もちゃんと面白い内容になっていたので良かったです。犯人が仕組んだ複雑なトリックを整が解決していく過程はスッキリしますし、事件の解決の中でも人間ドラマがあったりして楽しめました。ミステリードラマのわりには怖い表現は全然なくて、誰であっても気軽に見られるようなドラマだと思いました。

映画『ミステリと言う勿れ』

映画『ミステリと言う勿れ』
ドラマ「ミステリという勿れ」の続編であり、原作でも人気のある広島編が実写化されたということで、事前からワクワクしていた作品。ある一族が抱える事件の謎を、ふとしたことから久能整くんも関わって解いていくのが、見ていてワクワクした。その中でも、久能くんらしい誰にでもグッとくるような言葉の数々に、何度も胸が熱くなった。事件自体は複雑化していたし、家族のぞれぞれが抱える闇も映し出していて、かなり難しいものだったと思う。しかし一族の過去を一緒に遡りながら、推理するのがとても楽しかった。伏線も全部回収されるし、すっきりとした終わり方なのも尚いい。ドラマ版にのみ出演していた刑事たちも最後にちょっとだけ出演していたので、懐かしいなと思った。今後続編をぜひ期待したい。
映画『ミステリと言う勿れ』
初回、いきなり殺人犯として疑われてしまい勾留されてしまうというスタートにとても驚かされる話でした。話が進んでいくにつれ、主人公の整(ととのう)の推理がまた一般人や刑事の斜め上をいくもので面白かったです。記憶力が以上に良い事や夫と妻の価値観の違い、日本とアメリカとの価値観の違いなども分かりやすく説明しながら犯人を当てて追い詰めていく感じが好きでした。本人はただカレーを作って食べたかったのに、なかなかそれが叶わないというのも面白かったです。
個人的には、バスジャックに巻き込まれた際にイジメに対する日本とアメリカの違いを説明していたエピソードが好きでした。日本はいじめられた子に、「逃げてもいいんだよ」と言って、いじめられた方が転校するケースが多くありますが、アメリカは人をいじめる子に問題があり、いじめた子がカウンセリングを受けたり隔離されたりする、というエピソードでした。このような、事件の内容だけでなくハッとさせられるエピソードが満載なので面白い作品です。
主演の菅田将暉さんや、瑛太さんの演技がまた素晴らしいです。
映画『ミステリと言う勿れ』
正に変わり者といった整ですが、その落ち着きぶりと頭の良さは本当に大学生か?!というくらい風格があって観てて気持ちが良かったです。また、彼の周りには不思議なくらい色んな怪事件が起こるのでまあドラマだなと思いながらも整の頭脳が試される時にはわくわくして観る事でできましたね。しかし我路の件だけは、まだ何も解決していないので続きが観たいです。普通、彼の様な立ち位置ならば整とライバルになる様なキャラクターのはずですが2人の友情は会えなくても離れていても崩れることはなくどこかで繋がっているので良かったです。しかし次回作が出るときにはまた我路の暗躍があって、その関係性も変わりそうで色んな想像をしてしまいそうですね。風呂光たち3人の刑事も良い味を出してて、また見たいです。
映画『ミステリと言う勿れ』
ドラマ版ではストーリー展開が丁寧に練られていたのに、映画版になると残念展開になってしまう作品も多い中、期待を裏切ることなく整君ワールドが存分に描かれていてただただ圧巻。ミステリー作品の醍醐味でもある考察の魅力がそがれることなく、くすっと笑ってしまう要素もあるのに、その夜のシャンプー時にはふと思い出してしまったゾクッとする恐怖もあって、自分の中に存在している様々な感情の変化を楽しみながら完全没入感も堪能。原作は未読でドラマから入ったので、整君が発する詞が心にも脳裏にも耳にも残り続けていたけれど、映画版での詞もまた違う角度に強く深く心に刺さるもので、今を生きづらいと苦しんでいる人にも届くといいのにと願わずにはいられなくなりました。
映画『ミステリと言う勿れ』
この映画はミステリーですが、犯人の推理はわりと簡単で話が複雑すぎないところが良かったです。むしろメインの見どころは犯人がどうとかではなくて、主人公の整くんのセリフが非常に共感できるところがあり、生き方について考えさせられるところです。そういう意味ではヒューマンドラマ的な意味合いが強いのかもしれません。ドラマ版よりもビックリさせてくる演出が多いため、スリルを味わえるところも良かったですし、ドラマ版よりもスケールを大きくしようという制作陣の意図がしっかり伝わってきました。主人公だけでなく、汐路とお父さんの関係性など周りのキャラクターについてもちゃんと掘り下げられているため、物語の深みをより強く感じられるようになりました。
映画『ミステリと言う勿れ』
ドラマ版も毎回出演する役者陣が豪華で面白かったけれど、映画も豪華だったし、最近よく見る若手の子も出ていたりと面白かったです。俳優さんが、広島弁がすっごく難しかったとおっしゃっていたけど、関東出身の私にはなんの違和感もなく聞こえたし、やっぱり凄いですね。そして犯人は薄々あの人なんじゃないかって、結構早い段階でわかってしまったけれど、この作品って犯人当てよりも動機とか伏線回収の方が面白かったりするし、その犯人の動機に対して、整くんが正論を早口でぶちかましてくれるのが醍醐味なので、今回も整くんの言葉に分かる!って共感しながら楽しめました。ただドラマ版の時は字幕出して見ていたから早口でも分かったけど、映画版も字幕欲しかったな(笑)
今おすすめのお得情報!