動画配信状況

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』はどこで配信している?配信状況をチェック!

※本ページの情報は2021年4月1日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2016年にフジテレビ系「月9」ドラマ枠で放送。
  • 【コンフィデンスアワード・ドラマ賞】作品賞、脚本賞、新人賞(西島隆弘)の3部門を受賞。
  • ギャラクシー賞
  • 【東京ドラマアウォード 2016】作品賞・連続ドラマ部門 優秀賞
  • 出演
    有村架純、高良健吾
    高畑充希、西島隆弘
    森川葵、坂口健太郎

多数の賞を受賞した名作ドラマ。配信状況を見ていきましょう。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに100誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

口コミ・感想

何度みても、切ないラブストーリーです。
でも、なぜだか心がじんわりあたたまる、
不思議なドラマでもあります。

主人公の音(有村架純)と練(高良健吾)を中心に
その周りで繋がっていく
若者たちの、リアルな日常が描かれています。

ただし、よく描かれているキラキラした恋愛ドラマではありません。
介護施設で働く音や運送屋でこき使われてしまう練。
そんな毎日に追われながらも「恋」をすることで
感じる幸せの瞬間と、心の中にある葛藤。
若いころの自分と重ねながら見ていました。

そしてこのドラマには、1部と2部の間に5年という月日の経過があります。
大人に成長して、1歩前へ踏み出そうとする彼らがする決断と
それでも過去を想い、つのる気持ちに揺れ動かされます。

辛くて切なくて、でも恋をするって、やっぱり素敵だな~と思うそんな作品です。

どちらかというと重い内容のドラマですが、現実味があり見応えのあるドラマだと思います。人の残酷な部分や嫌な部分が結構出てくるので、観ていてつらくなることもありますが、音(有村架純さん)と練(高良健吾さん)のまっすぐで優しい人柄がとても素敵で温かい気持ちになれます。セリフも印象的なものが多く、練が信頼している静恵(八千草薫さん)や音のお母さんからの手紙の言葉が特に響きました。次が早く観たくなるようなワクワクするドラマではないですが、じっくりと観ることができて余韻が残るドラマだと思います。精神的に疲れてしまったり、頑張りたいと思うときに観ると、前向きな気持ちになれます。手嶌葵さんが歌う主題歌「明日への手紙」やサントラもドラマと合っていて素敵なのでおすすめです。
このドラマでは、練と音が長い時間をかけて恋愛をしていくところが見どころになります。恋愛をしていく中でお互いの事情などがありうまくいかない状況が出てきます。そんな中でも練と音は、困った時はお互い様ということで2人で助け合っていくことで愛を育んでいくところに感動します。恋愛は一人ではできないので、お互いの協力が必要だと考えさせてくれるドラマでした。また、お互い好きになったり付き合うまでに時間がかかってしまっても本当の愛、幸せを探し出すことが大事であるということを教えてくれました。好きな人がいて、恋愛でうまく進まずに悩んでいる方には、ぜひおすすめできるドラマになります。ドラマを見ることで必ず今後の展開が変わってくると考えられます。
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」最初にこのドラマを知った時、タイトルが長くてとても気になった事もありまずは一話観て、観続けるか決めようと思いました。私は、甘すぎる恋愛ドラマが苦手だった事もあって、とりあえず一話観てみることにしました。もう、一話目から泣けました!主人公の音(有村架純)の演技も凄く一般的なリアルな感じがして、親しみやすい内容だなと感じました。子供を持つ母親の感情もとてもリアルに描かれており、恋愛ドラマなのに恋愛だけでは無い命の尊さも同時に感じることが出来るドラマです。有村架純さんや高良健吾さん、西島秀俊さんの演技が好きな方なら一度は観るべき代表作だと思います。きっとこんな恋が世の中には当たり前なんだろうなっと思える内容になっているので、自分の恋愛にも置き換えれる事が出来て、観てる側も一緒に泣いたり、笑顔になったり出来る最高のドラマだと思います。
1月スタートの寒い時期のドラマで舞台も時々北海道も含まれていたのですが、最終回を見終えた時にはとても心がほっこりと暖まるドラマとして記憶に刻まれていますし、切なさもかなり感じた事もあり、ほっこりと切なさを思い出すと放送終了から5年経た今でもこのドラマのタイトル名のようにこのドラマを思い出して泣いてしまう、そういう印象でもあります。
キャストも魅力的で、有村架純さんは元々大ファンでしたので有村さんを見たいが為に見始めたドラマでしたが、森川葵さんと坂口健太郎さんのお2人はこのドラマで初めて見てとても好印象でファンになりましたし、有村さんが演じた音の芯の強さは有村さんの日頃のインタビューやブログから感じる芯の強さと同様だと思いましたので有村さんそのものを感じたり、高良さんも日頃の好青年のイメージそのままのキャラクターを演じていたので、ストーリーの素晴らしさも勿論、役者さん達がそれぞれとてもしっくりくるキャラクターを演じていたのもこのドラマの魅力度を上げたと感じました。
音と練の出会い方がまず、運命的な出会いを感じましたし、現実でも、ひょんなことから出会ったりすることはあるので、意外な出会いだったけれど、そこがまた妙にリアルな感じもしました。また、有村さんが音を演じているときに見せる切ない表情であったり、音のバックボーンが分かっているからこそ、音の笑顔が可愛いけれど、切ない感じもして、純粋に有村さんの演技が素敵だなと思いました。また、介護で働いている姿を見て、介護の仕事は大変だと、よく聞くけれど本当に大変そうだなと思い、一生懸命働く音の姿に、気づけば私はテレビに向かって頑張れ!と応援しながら見ていました。それほど思わず引き込まれてしまう有村さんの演技が魅力的でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です