※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

スタジオジブリ『耳をすませば』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月24日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 1995年7月に劇場公開。
    耳をすませば [DVD]
  • 脚本
    宮崎駿
  • 監督
    近藤喜文
  • 出演声優・キャスト
    本名陽子、高橋一生
    立花隆、室井滋
    露口茂、小林桂樹

映画『耳をすませば』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
耳をすませば DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

どこにでもいるような普通の女の子が主人公で、一番共感できて投影しやすいなと思う部分です。何気ない日常の中で、恋をしたり夢を追いかけていく姿は、眩しくてかけがえのない時間だと気づかせてくれました。友達とのやりとりだったり、この時にしか味わえない瞬間が沢山描かれていて、これぞまさに青春が詰まった物語だと思います。主人公の雫が受験を控えているのにもかかわらず、小説を書こうと決心した姿は、大人になった今でも胸を打たれるものがあります。心の揺れ動きがとても丁寧に描かれていて、終盤に向けてどんどん大人になっていく彼等にハッとさせられます。恋の相手である男の子のおじいさんがとても親切で愛情深く、この物語の重要な役割を担っていると思います。おじいさんのように、いつも優しく見守っていてくれる大人の存在は家族ではないけど、人と人の繋がりと温かみの大事さをあらためて教えてくれました。
大人になったらあれこれ順番を考えてなかなか決心できないプロポーズを、大好きという告白と同時にできてしまうのもアオハル特権。1度でいいから「お前を乗せて、坂道のぼるって決めたんだ!」と真っ直ぐ目を見てストレートに伝えられたかったと憧れる。そんな聞いているこちらが顔真っ赤になる言葉を自分も言っちゃう癖に、バイオリンを見て「魔法みたい」と目を輝かせる雫に「よくそんな恥ずかしいこと平気でいえるよな」と言う聖司にあなたもねと心の中でツッコんでいたのはナイショの話。初めは意識していなかった聖司の声が高橋一生さんだったと気づいたのはもう少し先で、芸能人の声優論には色々思うところがあるし、没入しきれない作品もあるけれど、聖司のひたむきだけどちょっと不器用さも残るイメージにピッタリとハマっていました。
のほほんと中学時代を過ごしてきた自分にとっては、この主人公の雫や聖司のような早くから自分の夢を追っていく青春にまばゆさを感じながらの視聴でした。聖司のバイオリン職人を目指して悩みも持ちつつもしっかりと腰を据えて行動して行こうとするのはなかなか出来ない事のように思え、その芯のある行動に尊敬さえ感じてしまいました。そんな彼の事を知り少々焦りを感じて行く雫の心境にも共感でき、苦しいんだろうけれどもその時代にしか持つ事のできない歯がゆいような感覚も愛おしく見る事ができました。大人たちの中では、特に聖司の祖父の温かさが素敵で、こんなおじいちゃんがいてくれたら心のよりどころとなって良かったのになぁと羨ましかったです。最後に2人が清々しい気持ちで見つめる朝日の素晴らしい情景も心に残っています。
絶対に現実ではありえないだろうなって感じつつも、雫と聖司の関係性が凄く素敵だなって思えて、凄く好きな作品です。街中の風景もどことなくおしゃれというか、外国っぽい雰囲気もあるし、その中で雫が見つけたお店とか、バロンとかファンタジーで良いなって思います。けれどもテーマはどこまでも現実的で、今まではやりたいこともなくなんとなく毎日を過ごしていた雫が、聖司くんと関わっていくことで将来のことや夢を見つけていくのが素敵でした。カントリー・ロードの合奏の部分は本当にキレイ。雫の歌声と聖司くん、そしておじいさんたちの演奏が合わさっていく感じがめちゃくちゃ良いし、遠距離って形になるんだろうけど、あの歳でお互いの夢を優先できるのは立派です。
今の時代には考えられないようなほのぼのとしたストーリーです。現代はデジタル化やスマホの普及などで、とても便利な時代ではあるけれど、こういったキュンキュンする展開はやっぱりこういう時代だから感じられるのだろうなと思います。聖司と雫の切磋琢磨し合うような関係性が好きで、ほんわかとした気持ちになれます。こんな10代を過ごしてみたかったなと思います。雫の歌う「カントリーロード」も頭に残るし、やっぱり名曲だなと感じます。ジブリにしてはファンタジー要素は少なめではありますが、現実にありそうな日常感を味わえる感じもいいなと思います。でもちゃんとジブリ特有のファンタジー感も皆無ではなく、バロンという猫の伯爵が出てきます。期待を裏切らない作品です。
この作品は、1995年に公開された近藤喜文監督の長編アニメ映画です。
原作漫画を知らなくても、存分に楽しむことができます。
中学生時代ならではの青春を描いており、日常を描いた作品が好きな方には特におすすめです。
主人公はもちろん、周りのキャラクターたちの感情や思いが細やかに表現されており、見ていると気になるキャラクターがいっぱいできます。
そして、主人公たちの暮らす街もしっかりと描かれているので、モデルになった場所を巡る「聖地巡礼」もひとつの楽しみ方です。
このように監督ならではの表現や演出も見逃せませんが、ストーリーに絡んでくる曲も印象に残ります。
ミュージカル映画ではありませんが、思わず歌いたくなってしまうおすすめの映画です。
実写映画『耳をすませば』はどこで配信している?無料で見るには? 2022年10月14日から劇場公開。 監督 平川雄一朗 出演・キャスト 清野菜名、松坂桃李 山田裕貴、内田理央 田中圭...
今おすすめのお得情報!