動画配信状況

ピクサー映画『カーズ』シリーズはどこで配信している?

※本ページの情報は2021年8月2日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 第1作『カーズ』2006年7月に日本で劇場公開。
  • 第2作『カーズ2』2011年7月に日本で劇場公開。
  • 第3作『カーズ/クロスロード』2017年7月に日本で劇場公開。

映画『カーズ』シリーズはどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

作品名 配信状況
カーズ
カーズ2
カーズ/クロスロード

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」「NATIONAL GEOGRAPHIC」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
同時ログイン5台、同時視聴は4台まで可能なので家族みんなで楽しめる。
はじめての方は初月無料で試せます。

Disney+ (ディズニープラス)の無料体験はここから

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
カーズ ポイント/レンタル
カーズ2 ポイント/レンタル
カーズ/クロスロード ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに119誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて25ヶ月連続「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2021年8月2日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
カーズ レンタル
カーズ2 レンタル

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

作品名 配信状況
カーズ/吹替【ディズニー/ピクサー作品】 レンタル
カーズ2/吹替 レンタル
カーズ/クロスロード/吹替【ディズニー・ピクサー】 レンタル

テレビ朝日の番組に強いのがTELASA(テラサ)!
人気のドラマ、映画、アニメ、音楽、韓流にバラエティの見逃し配信も。
さらにTELASAオリジナル作品も配信。
初回15日間無料で見れる!
見放題会員は月額618円(税込)。
それでいて毎月550円分のビデオコインも付与されるので実質価格はとってもお得。※コインはレンタル作品に使えます。
レンタルはPontaポイントも使えます。

TELASAの無料体験はここから

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
カーズ (字幕版) レンタル
カーズ (吹替版) レンタル
カーズ2 (字幕版) レンタル
カーズ2 (吹替版) レンタル
カーズ/クロスロード (字幕版) レンタル
カーズ/クロスロード (吹替版) レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYAの動画配信+DVD宅配レンタル

TSUTAYA TV(動画配信)

作品名 配信状況
【吹替】カーズ レンタル
【吹替】カーズ2 レンタル
カーズ/クロスロード<字幕/吹替パック> レンタル

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
カーズ DVD
カーズ 2 DVD
カーズ 2 3D DVD
カーズ/クロスロード DVD

大手レンタルチェーン店ツタヤが行っている動画配信+DVD宅配レンタル。DVDの宅配レンタルがあるから配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
動画配信もしているから話題作も素早く視聴できる!新作の配信レンタルも。
TSUTAYA TVで使える動画ポイントが毎月1,100pt(1,100円相当)支給されるので実質の月額料金も○。新規入会時にも支給されるのでレンタル作品を実質無料で見ることも。
※動画ポイントはTSUTAYA TVのレンタル配信作品に使用できます。
まずは30日間無料体験!

ツタヤの動画配信とDVD宅配レンタルの無料体験はここから

※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

カーズ

当時小学生ながらに映像がとても綺麗だなと思いました。当時のCG技術としてはレベルが高く、今見ても違和感がないと思います。登場人物は車ばかりですが、とても表情豊かで見ていて退屈にはなりません。初めこそ自己中心的なマックィーンに嫌気が差しましたが、メーターたちと過ごす中で思いやりの心が芽生えていく姿に感動しました。ラジエーター・スプリングスの仲間たちも個性豊かな車ばかりで、初めて見た時はこの車はどういう役割を持っているのかといった疑問を持ちながら楽しんで視聴できました。個人的に好きなシーンはマックィーンとサリーが二人でデート的な事をしているシーンで、その途中で映る滝や道のグラフィックがとても綺麗なので、ぜひご覧ください!
子供が見てみたいとのことで、一緒に作品を見ました。子供が大好きな作品になったのはもちろん、大人でも楽しめるストーリーで私も大好きな作品の一つになりました。
カーズにでてくる車たちの人間模様を見ていると、自分も大切な忘れていた何かを思い出させてくれたような気がしました。
主人公のライトニングマックィーンは初めはレースで勝つことだけが重要だと考えている自分勝手な性格でしたが、偶然迷いこんだ田舎町ラジエータースプリングスでたくさんの個性的な住民との出会いによって、本当に大切なことに気づいていくというストーリーはとても心が暖かくなりました。
サリーやメーターやドッグ・ハドソンなどどのキャラクターもとても可愛らしくて愛らしくて大好きになりました。
1台の車が自分を変えようと頑張る物語です。
車もあんな風にがんばってるのかな、身近にあるものよく利用するものなので、とても感慨深い作品でした。
車を擬人化している為、とっつきにくそうに感じてしまいますが、全くそんな事はありませんでした。
人間じゃない全く余計な情報が無いから、その頑張ってる気持ち、落胆したら気持ち、それを跳ね返してがんばってる姿というものが素直に心に訴えかけてきて、すごく響きます。
人間の演技よりも感動するんじゃないかなって思った程です。
また、演じているのが人間じゃないから、難しすぎないのがとても良いポイントです。役者の背景にある感情、表情から読み取らなくては話がわからないという事がありません。だから、子供から大人にまでわかりやすく、伝わりやすい物語ではないでしょうか。
とても好きな作品の1つです。
人気天才レーサーだけど自分本位だった主人公が、田舎町の車達にふれあうなか、成長していく姿が感動的な作品です。居眠り運転のせいで、置いてけぼりになる主役のライトニング・マックィーンですが、無理に運転させると本当に怖いことがわかりました。友達がいなかった主人公が、レッカー車のメーターといがみ合いながら友人になっていく姿が良かったです。過去のレースの王者、ハドソン・ホーネットとふれあいレーサーとしての厳しさなど学んでいく姿や、少しの利便や速さを求めて、道路整備によって村が廃れたなど現代社会の問題点もさりげなく入れているのが印象的でした。再びレースに参加たマックィーンに、村の仲間が心から応援している姿が素敵でした。
自分の実力にあぐらをかいて、周りに全く感謝しないマックィーンは、最初は邪道のヒーローというイメージでした。ですが、見知らぬ土地にひとり放り出されて、改めて自分の小ささや無力さに気づき、ひとりでは生きていけないと悟ってサーキットに戻ってきた彼は、一回りも二回りも大きくなったと思います。
人を変えることは難しいけれど、自分が変われば自然と周りの反応も変わってくるし、人に尽くした恩は、巡り巡って自分の元に返ってくるという教訓が、すごく伝わってきました。
スタート地点はマックィーンもチック・ヒックスも同じですが、最後まで何も変わらなかったチックの姿が、よりマックィーンの成長をわかりやすくしていたと思います。
マックィーンも、彼の存在が刺激になっていたことは確かだし、そういう意味では無駄なキャラが存在しないところが、この作品の一番素敵な所だと思います。
鑑賞する前は車に感情移入できないだろうなと思っていたのですが、いざ鑑賞してみるとそんな心配必要なかったようです。
人間ではなく車ですが、しっかりと生きていました。
見た目は子供向けなアニメに見えますが、意外と大人もしっかりと楽しめました。
なんにでも勝敗をつけてしまう現代にぴったりな作品でした。
ストーリーが進むほどに引き込まれていき、最後は思ってもいませんでしたが泣いてしまいました。
映像も美しく本当にしっかりと作り込まれていて、幸せの多様性を教えてくれるようなそんな作品だと思いました。
そして、結果に拘り過ぎて大切なことを忘れてしまったことがある人なら、ピストンカップでのマックィーンのセリフに感動するのではないでしょうか。

カーズ2

傑作だった前作カーズの待望の続編です。
前作ではレースで優勝することだけを生きがいとするライトニング・マックィーンというレースカーが主人公でした。
アメリカの田舎町ラジエーター・スプリングで仲間たちと出会い、人間性を学び人生における最も大切なものを知るというお話でした。
今作では仲間のうちの1人、マックィーンの大親友となるおんぼろレッカー車メーターが主人公となります。

ピクサーならではの素晴らしいCGは健在で、カラフルな美しい世界とレースシーンは相変わらずの迫力です。
日本の東京が出てきた時はワクワクが止まりませんでした。

大筋はメーターとマックィーンの友情の物語であり、冒頭から大喧嘩をしてしまう2人ですがここからのメーターの活躍と成長が見どころです。
ひょんなことからスパイとして行動するメーターですが、そそっかしく危機一髪の連続です。
空気が読めないながらがんばり屋のメーターを応援したくなるので、子供と一緒に観るのもおすすめです。

また、バイオ燃料「アリノール」をめぐる陰謀など現実世界とのリンクも見逃せず、大人が観てもなかなか興味深い内容だと思います。

家族全員で気楽にわいわいと観ることできて、子供たちと感想を言い合うのに最適な映画です。

ピクサーが製作する、子供達に大人気の「カーズ」の続編です。
前作の「カーズ」では、ピストン・カップ優勝争いのさなか、主人公のマックィーンがラジエーター・スプリングスの仲間達に出会い、友情を築く物語でしたが、今回は、世界のさまざまなレースに出ている猛者達が、一同に会して競争を繰り広げる「ワールド・グランプリ」に出場します。
ラジエーター・スプリングスの仲間達はもちろん、いろんなレースカーが新たに登場し、舞台も世界各国様々なところが登場。もちろん日本も登場します!
さらにはレースだけでなく、そこに隠された陰謀に自然と巻き込まれていく、メーターとマックィーン。
スケールもさらに大きくなって、大人も子供もハラハラドキドキ楽しめる内容になっています。
また、挿入歌にperfumeのポリリズムが使われていることでも有名です。
カーズの1作目と違って、ワールドワイドなステージ展開に伴う音楽、演出、映像、キャラクター、ストーリーとなっていて、凝った映像の作りに見応えがありました。1作目はどちらかというと哀愁漂う映像も多くそれを懐かしんで観る雰囲気がありましたが、2は、終始目を見張る!というイメージの鑑賞となりました。現代的な映像と音楽でオシャレな感じもします。子どもには難しい話や展開も入っていますが、とにかくレースの映像がカッコいいので、夢中になって観られると思います。そんな派手な舞台と、後半出てくるラジエーター・スプリングスとの対比が、よりラジエーター・スプリングスの哀愁と良さを引き立てているようで、1作目のファンとしても楽しめました。
カーズ2は、メーターがなぜかスパイと間違われてしまい、ドタバタに巻き込まれてしまうお話です。メーターとスパイの女の子とのとぼけたやり取りや、メーターならではの危機回避がすごく笑えます。アクションも楽しくて、ジェット機に乗ったり、パラシュートがでてきたり、変装したり…次から次へと問題が起きてハラハラさせられます。
その一方で、スパイに巻き込まれたこともきっかけとなり、マックイーンはメーターにイライラしてしまい、もう君の助けなんかいらないよと怒ってしまいます。その後はマックイーンも、なんであんなこと言っちゃったんだろうと反省してあやまろうとするのですが、周りに邪魔されてなかなか二人が会えなくてハラハラしましたが、スパイの件とともに解決できます。始終メーターのマイペースなおしゃべりで和み、楽しく見られました。
レースカーの話なのに、レースのシーンがほぼ無いに等しいところが斬新で面白いです。普段はあっけらかんとしているメーターが、サビだらけの自分に劣等感を感じるという、意外とナイーブな面を垣間見れたのも新鮮でした。
そして、車の世界でも外見至上主義という意識があるところが、妙に人間臭くてリアリティを感じます。敵キャラにもある程度共感し、味方のフィン・マックミサイルやホリー・シフトウェルにも遠慮なく不快感を示す、メーターのブレない素直さには驚きもありますが、それが彼の一番の魅力だと改めて感じました。
スパイやレースを狙ったテロ行為と、かなりアクションシーンが派手なところも、前作とは毛色が違って見応えがありました。

カーズ/クロスロード

幼いときに見た『カーズ』の衝撃を今でも覚えています。映画館なのに、レース会場に来たかと思わせるような臨場感。胸が高鳴るようなかっこいい音楽。子ども心に「続編が出たら絶対に見たい!」と思っていたので、この作品を映画館で見たときは大人ながら感動しました。さすがピクサー!と思わせる臨場感は、この作品でも健在。レースシーンのわくわく感はもちろんですが、引退間近とささやかれるマックイーンが、必死にトレーニングを重ねるシーンはぐっときます。くすっと笑える要素もあり、大人が見ても十分楽しめる作品です。大切なのは自分と、仲間を信じること。感動のラストは、涙が止まりませんでした。将来子どもに見せてあげたい大切な作品です。
カーズ1で触れているレーシングカーの引退について、ライトニングマックイーンのキャラクターイメージを損なうことを懸念して避けるのではなく、しっかりと3作品目で触れてくれたのが教育的にも良いと思いました。世代交代に直面するライトニングが、悩みながら成長していく様子は、1のとにかく生意気でひよっこなライトニングから知っているファンとしては感慨深く、1、2、3作品を通して、しっかりとわかりやすい成長が見られて素敵だと思いましたし、子どもにも観せたいと思える作品と感じました。現実のカーレースはドキドキしてしまってなかなか観られない私ですが、カーズのレースシーンは安心して観られます!3作品目も、やっぱりレースシーンはカッコよくて爽快でした。
子どもそっちのけで、感動しました!!
きっと子どもより目を輝かせていたと思います。

大好きなカーズシリーズの3作目。
レーシング業界もどんどん進化していく中で、ライトニングマックイーンがどう立ち回っていくのかを書いたお話。
そして新しく登場するクルーズラミレス(本当はレーサー志望だけど自信がなくてトレーナーをしている)この二人の掛け合いがとってもいい。
二人は、レースで勝つために新しい機械を使って練習したり、旅に出て、名前や姿を偽り、各地のレースに参加をし、絆を深めていく。
途中で出てくるいろんなキャラクターも味があって愛おしい。

夢は諦めなくていい、何歳でも何者でも。そんな勇気をもらった映画です。
ラストシーンで駆け抜けるマックイーンとラミレスは最高でした!
あと奥田民生さんの主題歌も、マックイーンと重なってグッとくる。大人の方にぜひおすすめです!

3作目になる今回は、若かったライトニング・マックイーンもついにベテランのレーサーになっています。そして彼の前に、次世代のレーサーが立ちはだかるのです。そこでマックイーンはレーサーとしての選手生命に関わる大きな事故が起こります。そしてマックイーンは人生の岐路にたたずむのです。クルマの世界を舞台にしている子供向けの作品かなぁと最初は思ったのですが、私みたいなおじさんが観ても楽しめる作品です。いやむしろおじさんに観てもらいたい作品です。スポーツ選手でも、普通のサラリーマンでもどこの世界でも起こること。新しい若き才能の芽が出てきて、今の自分の立場を脅かす、その時自分はどうするのか…本当に考えさせられる作品です。マックイーンには素晴らしい友人や恋人がいてこんな仲間たちと深い絆で結ばれていて羨ましいと思いました。感動的なストーリー、そしてラストはうまくまとめてきたなと関心させられる出来栄えです。テーマやストーリーも良かったのですが、私がそれ以上に素晴らしいと思ったのが、流石ピクサーだけあってCGの技術が半端なかったです。レースのスピード感がとても迫力があって良かったです。マックイーンが事故を起こして吹っ飛んだシーンはかっこよかったです。もう続編はなさそうですが、またマックイーンの活躍が観たいと思いました。
無敵のライトニングマックインでしたが、やはり車にも年齢のようなものがあり、スピードや消費が大会でも目に見えてきてしまうことに驚きました。最初の展開で、挫折のようなものを感じました。しかし、久しぶりのラジーエータスプリングスの故郷のような懐かしさを感じ、恩師の過去に触れて、サリーに自分の気持ちを吐露するマックインに昔のようなやんちゃな重影はなく大人びた印象に感じました。その後クルーズラミレスをトレーナーにつけて若い女の子で最初はマックインの気持ちを揺れ動かすができなくて、どうなってしまうんだろうというハラハラする感じもしました。クレイジー8のレースは、傷がつくのではクラッシュするのではという怖さがありましたが、それをきっかけに二人の絆が強まっていくのも見どころでした。最後のレースには驚きもあり、想像を超えた作品でした。
頂点を極めたマックィーンが、引退の危機を迎えるというところに、時の流れの残酷さを感じます。そして、それに抗おうとしてもがきながら、ついクルーズ・ラミレスに八つ当たりしてしまう姿は、ルーキー時代のわがままぶりを彷彿とさせます。
ですが、それだけで終わらないところに、マックィーンの成長ぶりを感じるし、彼が過ごしてきた時間の重さがジャクソン・ストームとの格の違いを見せつけていると思いました。
時々ドック・ハドソンとオーバーラップするような場面があるのも、今まではどこか他人事のように感じていたドックの言動を、マックィーンが本当の意味で理解できた証拠のような気がして、かなりグッときました。
定年間近のサラリーマンのような哀愁を感じるマックィーンの姿は、今までのイメージとかなりギャップがありますが、その分ストーリーにも深みが出ていて、大人も引き込まれる魅力があると思いました。
今おすすめのお得情報!

700誌以上の雑誌が読み放題の楽天マガジン年額プラン2,860円(税込)キャンペーンを実施中です。

ひと月あたりたった238円で雑誌読み放題とはとんでもなくお得。
このチャンスをお見逃しなく!

詳しくは楽天マガジンホームページをご確認ください。

キャンペーン期限 2021年8月23日(月) 午前9:59まで。

楽天マガジン キャンペーンはこちら


話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です