※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『お別れホスピタル』はどこで配信している?

※本ページの情報は2024年6月19日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2024年2月3日からNHK総合でテレビドラマ放送開始。
    お別れホスピタル
  • 出演・キャスト
    岸井ゆきの、松山ケンイチ
    内田慈、仙道敦子、長村航希
    麻生祐未、小野花梨、古田新太
  • 原作は沖田×華による漫画『お別れホスピタル』
    お別れホスピタル(1) (ビッグコミックス)

ドラマ『お別れホスピタル』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
お別れホスピタル ポイント/レンタル

NHKを見るならU-NEXTの「NHKまるごと見放題パック」がオススメ!
NHK作品は単話レンタルでも楽しめますが、見放題パックなら月額990円(※オプション料金。別途U-NEXT月額料金も必要です)で本数制限なく見放題
話数が多い大河ドラマや朝ドラも一定料金で楽しめる。U-NEXTの初回加入特典でもらえるポイントを使ってお得に「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!
まずはU-NEXTに無料登録。次に見たいNHKドラマを選ぶと単話レンタルか「NHKまるごと見放題パック」への加入を選べます。
U-NEXTは映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら 不足分は1pt=1円でチャージできます。
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!
U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!
それが下のボタンからU-NEXTに登録すれば通常600ポイントのところ1,000ポイントもらえるのでそのポイントで「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!

U-NEXTの無料体験はここから(特別1,000pt!)

本ページの情報は2024年6月19日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
お別れホスピタル オプションチャンネル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

病院にいる「生きたいと願っているのに病気で死期が近い患者さん」と「健康上問題は無いけど死にたいと思っている妹」などに囲まれて上手く気持ちの整理が付けられない所を岸井ゆきのさんがすごく上手に演じていて見ていて共感してしまって良い意味で苦しくなりました。自分の判断で延命治療して寝たきりになった旦那さんを見るのが辛いとか入院してしまった母親に自分の就職先が決まったと嘘をつくとかどれもすごく人間のリアルな感情だなと思って共感出来たし、自分の家族が病気になってしまった時にどう向き合ってどう支えるのかを考えさせられる内容でした。病院で様々な病状の患者さんがいて、その家族がいて、その人たちと関わり向き合っていく看護師さんならではのしんどさ、喜び、苦しみ、楽しさなどが描かれていて見ている側もたくさんの感情を抱けて感動できるそんな良い作品でした。
70前後の夫婦である私と夫が一緒に毎週見ました。
医療関係のドラマと言えば、神の手を持つ外科医や、救急医療の現場などセンセーショナルな内容のものが多いと思いますが、このドラマはすぐ近くにある病院の一コマが描かれているような、ある種身近な雰囲気がありました。
そして、そこで働く人々もやはり悩みがあり病人の世話をしていた人が癌になったりと、さまざまな立場で見ることができました。
亡くなり方もいろいろあり、わが身に置いて「死」を改めて考えました。
でも、暗い内容というのではなく、一話を見終えると来週また見たいと思いました。
どの世代であってもその年齢なりにドラマの中にある「生」と「死」の意味を感じられると思います。
病人の役をしていた俳優さんたちも、やり取りの楽しさに、なんだか近所のあの人に似てると思ったり親近感を覚えて楽しく見せてもらえました。
コロナ禍でも痛感したことだけれど、改めて全ての医療従事者の方々に尊敬の念を抱かずにはいられなくなった作品。この療養病棟へ来た患者さんたちは、決して元気になって退院して行く人たちではない為、勝手に感情移入しすぎる自分にはメンタルバランスを保つためにも全4話で良かったと思いました。でもただ淡々と「別れ」が描かれているのではなくて、1人1人の命のストーリーが描かれた上での「お別れ」なので、もし自分が愛する人の命の終え方を選択しなくてはいけなくなったらと、自分の命以上に考えるきっかけを与えてもらえた気がします。特に以前喫煙所で会話したことのある古田新太さんと、患者とスタッフとして再会した岸井ゆきのさんの回はくるものがあって、あの笑顔を思い出しては胸が苦しくなりました。
人生の終末を迎えるための病院ということで、本当に重たいし、色んな死と向き合わないといけないのは、ものすごく辛いことだろうなって感じました。その人らしい最期って、その人本人でも難しいと思うけれど、それに寄り添ってくれる人がいるっていうのは、きっと幸せなことなんだろうな。ついついこのドラマを見て、自分の最期はどうなってしまうだろうって想像して怖くなってしまいました。ただ実際現実の病院は、ここまで親切だったり、穏やかな世界ではないと思うけれど、それでも働いている人たちは現実にいるわけで、そう考えるとやっぱり感謝しかないですね。岸井ゆきのさんも松山ケンイチさんも、凄く自然に演技される方なので、よりリアルに感じられて、見てよかったと思える作品でした。
終末医療にここまで力を入れて描いているドラマは、他に見たことがないと言えるくらいにクオリティーの高い作品でした。医療ドラマはこれまでたくさん見てきたのに、リアルさが段違いと感じられたのは役者さんの演技力の高さもあると思います。そのリアルさ故に胸が苦しくなるような場面もありつつ、命について真剣に向き合わなければと背筋が伸びる思いでした。患者さんも医療従事者たちも命の終わりが来ていることを悟りながらも全力を尽くす、そんな尊さが伝わってきました。ただ悲しい話だけではなくて、最後まで生きようとする患者さんから勇気をもらえる物語でもあります。さらに患者さんだけでなく、その家族の心情についてもきちんと描かれているところが良かったです。
儚い命なんだなぁって、だから、精一杯生きなきゃいけないんだよねって、家族でそんな話しをしてしまうドラマになりました。
悲しい最期のほうが圧倒して多いので、苦手な人もいるかと思います。でも、看護師さんたちの何気ない一言が中和してくれるシーンもあります。
旦那さんが「おい!」という一言で理解してしまうご夫婦についても辺見さんや広野さんは「愛が溢れる病室」だと口にしていました。
娘さんが目を覚ますか不安ななか、目を覚ますと言えない本音と建前、こんな状況でもラストは悲しさに少しだけあかりが灯ります。
それでも、自分が救われたくて、人を救うことでしか生きられなくなる、そんな看護師のセリフの本音もありましたね。救うではなく、殺した…って言葉も出てきたり、終末期病棟を訪れる人のダークな面があったりで、考えさせられました。
今おすすめのお得情報!