映画ドラマ見放題

MotoGP 2019 シリーズ全戦がHulu(フールー)で生配信!

HuluでMotoGP 2019年シリーズ、全ての生中継が決定しました!
本家MotoGPのストリーミングサービスよりも安く楽しめる上に、マルチアングル対応なのもポイントです!

マルチアングルは4映像

G+ MotoGP生中継

CS放送の日テレジータス(日テレG+)で放送している「リアルタイム」映像のアングルになっています。

オンボードカメラ

バイクの車体に搭載した超小型カメラの映像です。

カメラ搭載予定選手

MotoGPクラス
  • 中上貴晶
  • バレンティーノ・ロッシ
  • マルク・マルケス
Moto2クラス
  • 長島哲太
  • アレックス・マルケス
Moto3クラス
  • 真崎一輝
  • 鈴木竜生
  • 鳥羽海渡
  • 佐々木歩夢

ライブトラッキング

全ライダーの現在位置を表示した「ライブトラッキング」映像となっています。

空撮カメラ/オンボードカメラ

レースを頭上から映した「空撮カメラ」映像もしくはオンボードカメラとなっています。

本家MotoGPと料金を比較

本家MotoGPのサイト(motogp.com)でもライブ配信を行っています。

金額を比較してみまましょう。

motogp.com

2019年シーズン(2019年11月18日まで)
139.99€(ユーロ)
2019年3月23日のレートだと17,420円となっています。

Hulu(フールー)

月額1,026円(税込)。
この記事を書いているのが2019年3月23日なので、シーズン終了までだと8ヶ月。
motogp.comの約半額で済みますね。

本家MotoGPのメリット

「生中継とオンデマンドの視聴」と書かれているので、録画配信もしてくれそうですね。※Huluは生中継のみ。

ただ…

「あのレースシーンをオンデマンドで視聴」とも書かれているので、シーズンと関係のない過去のレースのことを指している可能性もあります。

MotoGPのサイトは全体的に説明不足で、どのような放送になっているのかが大変わかりづらいです…。

Hulu(フールー)のメリット

日本語中継。
マルチアングル。
月額料金が安い。
MotoGP以外にも映画やドラマ、バラエティも視聴できる。

録画放送がない、という一点以外はHuluはとても優れていますね。

まとめ

コストパフォーマンスの良さで言えばHuluが圧倒しています。
特にマルチアングルは個人的にも楽しみです。

録画放送を期待するのならばmotogp.comですが、アーカイブの詳細がきちんと書かれていないのが気になりました。

今おすすめのお得情報!

700誌以上の雑誌が読み放題の楽天マガジン年額プラン2,860円(税込)キャンペーンを実施中です。

ひと月あたりたった238円で雑誌読み放題とはとんでもなくお得。
このチャンスをお見逃しなく!

詳しくは楽天マガジンホームページをご確認ください。

キャンペーン期限 2021年8月23日(月) 午前9:59まで。

楽天マガジン キャンペーンはこちら


1,000本限定!ソースネクストでDropboxがお得に買えるキャンペーン中!
Dropbox Plus 3年版29,800円!(ひと月あたり827円)
Dropbox公式サイトの価格より17,720円安く購入できます。

Dropboxキャンペーンはこちら


話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です