動画配信状況

ドラマ『となりのチカラ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年1月20日からテレビドラマ放送開始。
    となりのチカラ
  • 出演・キャスト
    松本潤、上戸彩
    小澤征悦、映美くらら
    古川凛、ソニン
    松嶋菜々子、長尾謙杜 (なにわ男子)

ドラマ『となりのチカラ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
となりのチカラ
配信期限:2023年3月31日
ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
となりのチカラ レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
となりのチカラ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

引っ越してきた松本潤さん演じる力が、住人とかかわって問題を解決して行くお話ですが、松本さんがこのようなタイプのドラマに出るのが新鮮でした。確かにそこそこ都会なところでのマンションでの付き合いって少ないんだろうなって思いました。そこにお節介というか親切でなんとか力になりたいと奮闘する姿は魅力的でおもしろかったです。隣人の抱えてる問題って都会では人付き合い少ないって聞くし、そこに切り込むって言うのはプライベートだからこそ難しいって思いますが、すごく頑張ってました。住んでる人が十人十色だから問題、悩みも沢山あると思います。1話1話で解決したかに思えても、後々更なる問題が出てくるのもリアル感あって見ごたえがありました。
近所に困っている人がいると、お節介をかけたくなって仕方なくなってしまうチカラくんという、昨今にしては珍しいマンション住人だったけれども、ドラマの序盤は、ただただいきなり面識もないのにお隣に乗り込んだりと、心配しているように見えて、実は興味本位が強いことに気がついていないんじゃって思ってしまいました。けれどもストーリーが進んで、マンション住人と仲良くなっていくうちに、そのお節介のお陰で、色んな人が助けられたし、逆にチカラくんが困っている時は、みんなが最後は助けてくれるっていうのが素敵でした。灯ちゃんも、いつもなんだかんだ言うけれど、結局いつもチカラくんにアドバイスしてあげているのが微笑ましかったです。
軽い気持ちで楽しく見られる作品です。ストーリーとしては、ご近所のひとたちが巻き込まれたトラブルに松本潤さん演じる中越チカラが自ら首を突っ込み、びっくりするほどトントン拍子でそれらトラブルが解決するというもの。そう書いてしまうと否定的に聞こえるかもしれませんが、ドラマだからこそこれくらいハッピーな展開が個人的に好みでした。もちろん現実がこのドラマの世界のようにうまくいくことはまずありません。リアルさはないものの、温かいご近所付き合い含めて羨ましさや憧れとともに、ドラマだからこその楽しさを届けてくれるところが良かったです。また、最後はちょっとうまくいかない場面も出てきたり。その匙加減も絶妙で、最後まで面白かったです。
主人公のチカラが近所の人達が困っているのをほっておけずに介入していき問題に巻き込まれたり逆に嫌われたりする姿が印象的でした。おせっかいの領域を遥かに越えていて自分のことよりご近所さんを気にかけるチカラというのは良い人なんだけどなかなかの変わり者に見えました。なにより気になったのが自分の家族よりも赤の他人である近隣住民の事ばかり気にしているように見えるチカラというのはかつてない登場人物だったんでは思いました。見どころとしては色々な難しい悩みを持つ人々の問題をチカラが不器用ながら思いやりを持って解決に尽力するが何故か最終的な手柄は妻の灯になってしまう流れです。主人公チカラと個性的な住民とのやりとりが面白いドラマでした。
本人は何も特別な力は持っていないのに、困っている人を見ると放っておけなくてついおせっかいをしてしまう。そんなチカラがしかし、そうした人の良さだけで周りを少しずつ変えていくのが印象的で温かいドラマでした。
個人的に特に覚えているのが父親から虐待を受けている少女の話で、刑事事件や大問題にできるほどの虐待ではなく、母親も父親に支配されていて頼りにならない中、ベランダからの手旗信号によって向かいのカフェで仕事をしているチカラと連絡を取り合うことで解決していくというもの。
SOSを出すことが難しい虐待という問題において、必ずしも決定的なことが起きていなくてもそうした連絡手段を持つことで前進ができるということを学べた話でした。
そんな素朴で柔らかい解決というのがこのドラマの持ち味だったと思います。
毎話主人公のチカラ(松潤)が何をするのかが、気になり楽しめたドラマでした。チカラがマンションの住人達に、ついお節介を焼く内容が、面白いです。マンションが丸見えのカフェから、その住人の生活を観察しているチカラにも笑えます。ある意味ストーカーみたいです。お節介の度合いは難しいけど、誰にも気づかれずに辛い人を見つける人はなかなかいないから、チカラのお節介に感謝してる人もいるはず。そして、どこかで会いましたよね?というセリフは、社交辞令でなく、本当に過去に住人達に偶然会ってたのを覚えているところが驚きです。その時の良いなという感情や気になるという感情を記憶してるのは凄いです。チカラの家族は大変だと思いますが、こんな人がいるのは羨ましいです。
今おすすめのお得情報!