動画配信状況

映画『アムステルダム』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月15日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年10月28日に日本で劇場公開。
  • 監督
    デヴィッド・O・ラッセル
  • 出演・キャスト
    クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー
    ジョン・デヴィッド・ワシントン、クリス・ロック
    アニャ・テイラー=ジョイ、ゾーイ・サルダナ

映画『アムステルダム』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

実話を基にしているので、一見、これが本当に起きたことなのかと思ってしまいながらも非常にリアリティがあり、さらに何気な会話が次の展開につながったりと伏線があるサスペンスとミステリー要素もあったので、面白かったです。さらにサスペンスでありながらシリアスでなくコメディだったのも見やすく、老若男女問わず楽しめる映画です。また、映像も時代背景が第一次世界大戦直後という混乱期を見事に再現しているのもよかったです。そして、とにかくキャストが魅力でした。演技力に定評があるクリスチャンベールとマーゴットロビーが出演しているのでよりストーリーに没入することができ、特にマーゴットロビーの美しさは見ごたえがありました。
とにかく豪華なキャストが大集結したこちら。まさに映画好きにとってはたまらない作品だと思います。このキャストを見るだけでも価値があるんじゃないかなってくらい(笑)当然ですが見た目だけではなく演技力が高いので、自然にお話の中に入り込むことができました!
お話としては少し単調に感じるのですが、後半の方がもっと楽しめるかな。演技力の高いキャストたちが、ある意味殴り合っているような作品。この殴り合いを楽しむには、これくらいシンプルなストーリーの方が良いんじゃないかと思います。
これから見る人には、視線の方向とか指のふんわりとした感じとか、そういった細かいところをぜひ見て頂きたいです!細かなところに気付けば気付くほど、本当に素晴らしい作品だと実感できました。
私の印象はミステリーを追いかける3人の友情と青春ノスタルジーを感じさせてくれる傑作だと思います。そしてとにかくキャストが豪華です。その一人一人の存在感が半端ないので、次第に引き込まれていくのがわかりました。全体の持っている雰囲気が私はとても好きです。時々発せられるユーモアも洒落ていて面白いです。ミステリー好きであれば絶対に観てほしいと思う作品です。この作品の中では、ムッソリーニ、ヒトラーのファシズムの陰謀という風に表現されていますが、本当のところは、彼らをサポートしたグローバリストの陰謀だと教えてくれています。またルーズベルトへの脅しも行い、ルーズベルトはグローバリストの要求通りに日本を逃れられない状況に追い込みます。そして第二次世界大戦が起こったというストーリーに不思議な感慨を抱きました。いずれにしてもこの世界は、私たちの知らない力で動かされていることに、今さらながら驚きしかありません。
歴史の実話をもとにしているから、ほとんどノンフィクションな映画です。キャスティングが主役級で、凄く豪華なのが、うれしいです。クリスチャン・ベールの役作りは、確かにカメレオン俳優と言われるのが納得できて、相変わらず完璧でした。マーゴット・ロビーは、今回黒髪ですが似合っていて、とてもゴージャスで美しかったです。オランダの首都のアムステルダムで、自由に暮らしてる3人が凄く羨ましく思いました。ラストに向け後半は、一気に展開が進んでワクワクすれほど面白かったです。全体的に凝りに凝っているカメラワークやセリフ回しの良さが良かったです。そして、美味しい音楽やエキサイティングな話の展開に、観ていてあっという間に時間が過ぎます。楽しい作品でした。
第一次大戦で重傷を負った、とりわけ片目が義眼になった医師が主人公であることが映画の冒頭からわかります。大病院院長の義父をもちながら、小さな診療所で自分以上に障害を負った元兵士たちのために仕事をする医師。第一次世界大戦で障害を負った人の映画はあまりないかもしれない、これは珍しい題材に取り組んでいるのかもしれないと思いましたが、物語が展開するにつれて、予想された図式的なリベラルさがやや鼻についてきます。戦場で友情をつちかった白人医師と黒人弁護士と、看護師として彼らの命を助けた女性アーティストの友情の物語ですから。アムステルダムで彼らを助け、今またアメリカに独裁政権を打ち立てようとする陰謀と戦っているイギリスとアメリカの諜報員の間にも同性愛の匂いがなかっただろうかとまで考えてしまいます。もっとも、映画の最後で彼等は夢物語から、1930年代のアメリカの現実にちょっと引き戻されてしまうのですが、フィクションであることに居直り切れない臆病な結末とも言えるでしょう。美しく画面を横切り、でもあっさり消えていくテイラー・スウィフトはじめ豪華な出演者が見せる演技を楽しみました。最初しばらく誰が演じているか気づかなかったアニャ・テイラー=ジョイの怪演がもっともよかったです。
この映画、実話に基づいて作られたそうですが、戦争映画やホラー映画以上に恐怖を感じさせる作品でした。戦争の後、負傷した兵や、手術のシーンが生々しく、「これ年齢制限しなくていいのかな?」と思えました。ストーリーは、突然誰かに突き飛ばされた女性が車に轢かれて死に、近くにいた主人公達が犯人扱いされ、真犯人を探し出すというもの。ストーリーはともかく、狂気の沙汰が淡々と進んでいく運びは、観る者も映画の世界に引き込まれ、新しいスタイルのホラー映画と言いたくなります。特に主人公の一人である医者のバート役、クリスチャン・ベールの怪演ぶりは一見の価値があると思います。効果音や悲鳴等、物理的に驚かされることはあまり無いものの、生々しさがとてもリアルで、恐怖をジワジワと感じさせる、他にあまり例の無い映画だと感じました。
今おすすめのお得情報!