動画配信状況

木村拓哉主演『武士の一分』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2006年に劇場公開
  • 出演
    木村拓哉、檀れい
    笹野高史、坂東三津五郎
  • 受賞
    第30回日本アカデミー賞 優秀作品賞 優秀監督賞 優秀脚本賞など多数受賞。
  • 原作は藤沢周平による小説『盲目剣谺返し』(『隠し剣 秋風抄』に収録)

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月8日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月8日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分 レンタル

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年11月8日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
武士の一分

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
武士の一分 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

「武士の一分」は、木村拓哉の主演映画というだけで注目が集まり話題になることが決まっていたような時代の作品です。話題性だけでなく、この作品自体が時代劇でさらに全て東北訛りのセリフという特有の難しさがあったと思いますが、それらを軽々と飛び越えて「面白い映画」を完成させたスタッフと木村拓哉の凄さが感じられます。演技については「キムタク」らしい雰囲気もありつつ、剣道・所作・セリフなども見事にこなしています。盲目の演技もそのように見えるリアルさがありました。ストーリーは主人公の困難を乗り越え正しく幸福な結末に辿り着く正統的なものですが、シリアス一辺倒でなく時折ユーモアが交じり、脇を固めるキャストの存在感も感じられます。日本アカデミー賞でも数々のノミネートや受賞を果たしていますが、それだけ価値のある面白い作品として紹介したい映画です。
つぶ貝を毒見したことで視力を失ってしまった武士の生き方を描いた映画ですが、その責任取るためにと広式番の作之助が切腹した序盤のシーンがとても印象に残っています。うめくような声が静かな家に響く瞬間が非常にリアルで、恐怖ではない背筋のゾワっとした感覚がすごかったです。この作品にはそういった心に残るようなハッとする場面が多いように感じました。目の見えなくなった新之丞の日常の過ごし方でさえ現実味を帯びていて、主演の木村拓哉さんやヒロインである妻の加世を演じる檀れいさんのしっかりした演技力がそれを高めていると思います。武士という不自由な制度の中で強く生きていく人々の姿にとても感動し、深い夫婦愛に胸が温かくなる映画です。
木村拓哉と檀れいが演じる夫婦が素敵でした。
お殿様のお食事の毒見がお役目だった木村拓哉が、お役目の影響で完全に目が見えなくなり、自暴自棄になる中で、檀れいが献身的に支える様子に感動しました。
日々の生活を支えるために、檀れいが藩の偉い方にお願いに行ったところ、騙されて手篭めにされてしまったのが理不尽でした。
檀れいは、木村拓哉に頼まれた下男の笹野高文により、浮気している事実を知られ、木村拓哉に家を出ていかされてしまいます。
その後、盲目ながらも妻を手籠にしたお偉方を果たし合いで倒しますが、黙々と剣の稽古をする木村拓哉を支える笹野高史の朴訥とした演技がとても上手でした。
また、笹野高史が離縁された檀れいの境遇を鑑み、飯炊女として木村拓哉の世話をさせることを采配したのに感動しました。
盲目になっても、妻であった檀れいが作った料理の味を覚えており、檀れいが戻ってきていることに気付いたシーンは、とても感動しました。
逆境にあっても支え合う夫婦と、信頼関係で結ばれた主人と下男の絆に心がほっこりします。
この作品の木村拓也さんは、他の作品とは違って本人っぽい部分をかなり抑えて演技しているのが伝わってきました。そのおかげなのか、木村拓也さんの新しい境地が開拓されていたような気がします。いつもはザ・主人公といった感じの派手な役柄を演じていることが多いのに、今回のように少し地味な役柄でも見事に演じられているのがさすがだと思いました。山田洋次監督ならではの人情要素もたくさん入っていて、特に夫婦の絆に感動しました。昔の時代だからこそ、人間同士の繋がりが深い部分もあって、自分もこんな時代に生まれたいなと羨ましくなるシーンもありました。武士が最後まで自分の信念を貫き通すカッコ良さも描かれていて、自分も見習いたいと感じました。
この映画を見ていて一番思ったのは、キムタクがキムタクに見えないことです。最初は確かに彼の独特の個性が見えていましたが、途中からは優れた俳優を見ているような感覚に覆われました。私としてはこれは最高の賛辞です。リアルにその時代の武士にしか見えません。これは相当キムタク自身が役作りに没頭したことと、監督の采配だと思います。秀逸なのは、盲目の武士の一分を自然に演じる姿ですが、見事としかいう他ありません。ある意味、キムタクは時代劇向きでしょうか。それからキムタクのアクションが実にきびきびとして、その凄みに感心するばかりです。聞くところによると、剣道をやっていた時代があったそうで、その鍛錬が見事に反映しているようでした。あと、檀れいとのハッピーエンドにホッとしました。
木村拓哉さんの魅力が存分に味わえる作品だと思います。どの作品で見てもいつも「キムタク」と皮肉をよく言われている木村拓哉さんですが、この作品の演技は、そんなことを誰にも言わせない素晴らしいものでした。しっかりキムタクの魅力を放ちつつも、ほかの作品やバラエティ番組で見かける木村拓哉さんとはまったく違った姿がそこにはありました。当たり前であった「見える」というものを失い、多くの不安を押し殺して静かに過ごすシーンや、それでもなお大切なものを守るために自身と闘い何かをつかみ取る。その姿はとてつもなくかっこよかったです。また、ストーリーは結構想像がつきますが、そのわかりやすさも心地よく、個人的には好みでした。見終わった後すがすがしい気持ちになれる作品です。
今おすすめのお得情報!