動画配信状況

アニメ『狼と香辛料』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 原作は支倉凍砂によるライトノベル『狼と香辛料』
  • 2008年1月~ テレビアニメ放送。
  • 2009年7月~ テレビアニメ2期が放送。
  • 出演声優
    小清水亜美、福山潤
    名塚佳織、中原麻衣
  • 2022年2月に完全新作アニメの制作が発表されました。
    放映時期は不明。今後の続報は公式Twitterなどで告知とのことです。

TVアニメ『狼と香辛料』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
狼と香辛料
狼と香辛料II

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
狼と香辛料
狼と香辛料Ⅱ

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dアニメストアで配信中の作品

作品名 配信状況
狼と香辛料
狼と香辛料Ⅱ

アニメを見るならdアニメストア!
専門サービスだからこその圧倒的ラインナップで初回31日間無料で見れる!
ど定番のアニメ見放題サービスでありながらわずか月額440円(税込)!
お客様満足度 4年連続No.1(2020年 オリコン顧客満足度® 調査 定額制動画配信 アニメ部門 第1位)
ドコモユーザー以外の方でも利用できます。

dアニメストアの無料体験はここから

※ドコモの回線契約またはspモード契約がないお客さまが本サービスをご利⽤いただくためには「dアカウント」が必要です。spモード契約でのご利用とサービス内容やお支払い方法が異なる場合があります。
※初回31日間無料(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金全額がかかります。)
※契約日・解約日に関わらず、毎月1日〜末日までの1か月分の料金が発生します。別途通信料その他レンタル料金等サービスによっては別料金が発生します。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
狼と香辛料 レンタル
狼と香辛料II レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
狼と香辛料 DVD
狼と香辛料II DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

2008~2009年版

この作品に関しては、アニメの原作となった小説からのファンなのですが、よくあるファンタジー的な世界を舞台としつつ、経済に着目した点が、当時としてはとても新鮮な作品でした。ライトノベルを読むような層にはおよそ縁がなさそうな経済分野について、主人公のクラフト・ロレンスと相棒のホロの軽妙なかけ合いを通しつつ、分かりやすく解説しながら物語に取り込んでいることに感心させられたものです。極めて現実的な経済に着目する観点上、他のファンタジー作品には欠かせない魔法のような要素が皆無なのも珍しい点です。主人公たちが繰り広げるのも剣や魔法の戦いではなく、主に交渉という口を使った戦いという点でも異例で、かつ面白く仕上げている作品です。歴史に残る名作と言うと大袈裟かも知れませんが、特筆するべき作品であることは間違いないでしょう。
凄く本格的なファンタジー作品で文学といった感じです。行商人であるロレンスがある日豊作の神を名乗るホロと出会い物語が始まります。ホロはわっちという一人称と狼の耳やしっぽが特徴的な大変可愛らしいキャラだと思います。ロレンスとホロの微笑ましい日常はとても癒されるのですが、話が進むと商会のいざこざに2人は巻き込まれていくのでなかなか重い展開もありました。そんな窮地を乗り越えてより絆が深まっていく展開も好きです。やはりどの時代にも商才というのは必要になってくると思います。生きるためには物資が必要でそれを得るには金が必要です。ロレンスは行商人なのでかなり極限の商やり取りをしていました。彼をサポートするホロも併せてそんなギリギリのやり取りは必見だと感じました。
この作品を見てロレンスとホロの関係性がとても良いなと感じました。馬車に乗っていろいろな街を旅していく行商人をしているのですが、ロレンスの話術がとても独特で面白いです。やっぱり行商人という仕事はコミュニケーション能力が一番重要なんだなということをこのアニメで学びました。それからホロの口調がすごく好きです。自分のことをわっちと話すので、すごくホロに対して愛着が湧きましたね。ロレンスに対しての言葉遣いも独特の言い回しを使ったりするのでそこに注目しましたね。あとロレンス役の福山潤さんの演技力にもやられました。すごくロレンスの誠実さが表現されていてお上手です。対してホロ役の小清水亜実さんの澄んだ声質もホロにすごくマッチしていて最高ですね。
このアニメの良かったところは、ファンタジーっぽい設定を取り入れつつも経済や商売について考えさせられる現実的な内容も取り入れているところです。能力を使って困難を解決するのではなく、知恵を使ったり相手の心理をうまく利用してその状況を乗り越えていく姿に魅力を感じました。オオカミの化身であり、今作のヒロインでもあるホロがとても可愛らしくてロレンスと少しずつ仲良くなっていく過程にほっこりしました。ホロのキャラクターデザインもオオカミっぽい要素を取り入れつつ可愛さと美しさを兼ね備えているのが良かったです。序盤から中盤はほのぼのとした感じがあるものの、後半は商売を使った容赦ない騙し合いなどがあり、まるでサスペンス映画のような緊迫感を感じられました。
行商人を営むロレンスと何百年も生きているオオカミの化身・ホロが行商をしながら旅をする今作“狼と香辛料“ですが、まず魅力はその美しい世界観にあります。中世ヨーロッパを舞台に二人が旅をする場所でののどかな異国情緒あふれる田園風景や建物を見ていると、自分も旅をしているような気持ちになれます。また、主人公ロレンスの職業が行商人ということでファンタジーアニメではあるのですが、商業が軸になっておりそのあたりの展開も普通のアニメとは違って面白いです。そして、なんといってもキャラクターの魅力が最高です。特にロレンスはルックスは少女のようでとてもキュートなのですが、実際は数百年生きているためとても博学でそのギャップもとても魅力的です。
商品のロレンスと賢狼ホロの微笑ましい関係を描きながらも経済とはどういうものかをしっかり学べる内容の作品となっているのがこの作品の魅力です。
こういう風にすれば商売が上手くいくという風に思っていたらみんな同じようなことを考えていて、そう簡単に商売も上手くいかないことも普通にあることが学べたり
また商売が上手くいくためにどういう駆け引きをしていけば良いかをリアルに描いているので単なる娯楽作品とも言えないところがこの作品の魅力です。

そんな中で恋愛の要素もあるので主人公達に感情移入しやすいのもこの作品の良いところです。
ロレンスはかなり賢く商才もあるのですが、どこか抜けている感じがあるのも見ていてつい応援したくなります。

アニメ作品でありながら見るだけで「経済」のことを学ぶことができる。その点こそがアニメ「狼と香辛料」の最大の魅力だと思います。現代を生きている私たちにはちょっとピンと来ないこの世界ならではのお金の感覚も見ていて面白く、商売の話は本当にためになります。実際に、本作からお金のことを学べる本が出ているほどなので、その内容の濃さはお墨付きと言えると思います。
また、絵のタッチの優しい雰囲気も個人的にはとても好み。本作の魅力だと思います。優しい話ばかりが描かれているわけではありませんが、雰囲気が優しいので作品を通して不思議とほっこりとした気持ちになれました。ちょっと不思議なほのぼのとした気持ちになれるので、現実を少し忘れたい。そんな気分になったときにおすすめです。
近年のライトノベルの中には、ライトノベルとして発表するには惜しいというかもったいない良作があります。それを言えば、一昔前の水野良さんの『ロードス島戦記』シリーズなどもそうなのですが。本作『狼と香辛料』は素晴らしい小説作品です。それをアニメ化ということで、どんな感じになるのかと思いましたが、本当に原作に忠実にアニメ化がされていて、ほっとしました。こういう中世ファンタジーが見たかったんだよなあ、と唸りました。原作の持ち味である、商業や経済活動というものについてもしっかり触れられていて、世界観がしっかりしているから、細部に渡って楽しむことが出来ます。アニメならではの、ホロとロレンスの掛け合いを文章ではなく声で聴ける喜びもあります。
今おすすめのお得情報!