動画配信状況

ドラマ『新・信長公記』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月18日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年7月24日から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    永瀬廉(King & Prince)、山田杏奈
    西畑大吾(なにわ男子)、三浦翔平
    満島真之介、濱田岳
    小澤征悦、萩原利久、犬飼貴丈
  • 原作は甲斐谷忍による漫画『新・信長公記〜ノブナガくんと私〜』

ドラマ『新・信長公記』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
新・信長公記 〜クラスメイトは戦国武将〜

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

戦国武将をクローン技術によりよみがえらせるという設定が今までにないような面白さを感じさせます。歴史に残る名だたる武将たちが高校生となって顔をそろえるのは圧巻!少々笑えるのは、「えっ?高校生?」と突っ込みたくなるキャストです。ガツンといい味を出しているので、印象に残り、楽しく作品を楽しめます。武将たちの名言や癖、習慣などもことあるごとにストーリーに組み込まれ、こうした知識も興味惹かれる点でした。個人的には阿部亮平さんが演じていた本多忠勝が、風貌に似合わずに一途でかわいらしいところが気に入りました。それから、最も注目なのは、第8話です!この回は「神回」ではないかと。あまりにも素晴らしすぎて、今でも印象に残っています。見たいなぁと思っている人がいたら、ぜひ勧めたいですね。そして最終話では彼らはどうなるのかと気がかりでなりませんでしたが、ヒロイン・みやび、よくやった!と思え、ちょっとした幸福感に包まれました。
とにかくキャスティングが豪華で、武将たちの特徴が楽しめるバトル系の青春ドラマでした。武将たちが普通の高校生で、クラスメイトという設定が素晴らしかったです。青春だったり、戦いを通して絆が深まっていく様子が楽しかったです。時代が違っても武将たちのクローンが、オリジナルの特性を見せて、歴史通りになったり、歴史では悔いに思っていたことを克服しようとしてる姿やメンバーとなって戦うシーンはロマンを感じました。仲間になっていくあたりで、彼らの歴史や武将たちの個性を見ると歴史を知りたい気持ちになります。バトルシーンは楽しめるし、策略も面白いです。クローンだから短命という設定も活きていました。ラストは胸が熱くなるので、オススメです。
このドラマの印象は、今までに無い歴史上の人物の取り上げ方をしたドラマだなと思って見ていました。特に歴史上の人物がドラマでは、当時の時代背景から合戦をするイメージがありますが、このドラマは、歴史上の人物がクローンになって、特進クラスでクラスメートになると言う展開が斬新で面白いなと思いました。特に敵同士だった武田信玄と上杉謙信が一緒にいる姿は、新しい取り上げ方で良かったです。そんな中で主人公の信長の存在は、決して馴れ合いで一緒にいるわけでは無くて、独特の距離感で接しているなと思いました。そしてこのドラマで注目するべき所は、徳川家康の存在が物語を面白くさせているなと思いました。特に旗印戦では、まさか武田信玄を倒す展開になるとは思いもしなかったので驚きました。このドラマの続編やスペシャル版が見てみたいなと思いました。
歴史ものはそれ程詳しくはないのですが、沢山の戦国武将が登場してきて、多分それぞれの本来の特徴を織り交ぜたキャラ設定になっていると思われ、歴史入門書としての足掛かりに良いのかなぁと感じながら観ていました。とにかく俳優陣が豪華で、どこを取ってもみんなのエネルギーを感じる演技で惹きこまれました。そんな中でも中心に位置する信長が「静」の演技で、なかなか動き出さず飄々としているのが印象的でした。だからこそ、最後の闘いのシーンが大きな山場となっている上手い演出だなぁと思いました。みんなが高校生として終結し、天下取りを目指す中、腹の探り合いや裏切りも激しく見ごたえがありました。そしていがみ合っていた者同士に、段々と結束ができてくる所が一番好きな所です。信長カッコ良かったし、みやびちゃん可愛かったです。
主演の永瀬廉さんをはもちろん、たくさんの実力派の俳優さんたちが出演されていてとても見応えがありました。ドラマを実際に見始めるまでは実年齢と役年齢の差が大きくて大丈夫なのかと心配していましたが、初回からその不安は簡単に吹き飛ばされるくらいに皆さんの演技が素晴らしかったです。そんな中に紅一点、みやびを演じる山田杏奈さんがまたすごくよかったです。青春ドラマでもあり、人の温かさを感じられるヒューマンドラマでもあり、そしてちょっぴり笑える要素が程よく入れてあるからすごくハマりました。錚々たる武将たちがクローンとは言え一つの教室に集まるのは圧巻でした!その武将たちの性格が史実に基づきながらも歴史とは少し違う展開になるところもよかったです。
違う時代に生まれたがゆえに、実際に戦うことがなかった戦国武将たちをクローンとして生成して戦わせようって試みは面白かったです。ただ最初はクローンゆえに、本当の歴史となぞって、純粋に戦わせる話かと思ったけれども、途中からはクローンを作った理事長の思惑に対してのバトルになっていて、終わってみれば、すごくいい友情の話だったなって思います。もちろん信長がみやびと出会って、和の心に気がついたからだけど、どんなにクローンだって言われたって、育ってきた環境、一緒にいた友が変われば、クローンだって違う人生が歩めるっていうのが素敵でした。ただ正直、信長たちが仲良くなりすぎて、みやびが学校を卒業して結構年数が経っても、未だに学校にいるのは笑える。
今おすすめのお得情報!