※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年7月1日から『量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-』がテレビ東京系列でドラマ放送開始。
    量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記-
  • 出演・キャスト
    与田祐希(乃木坂46)、藤井夏恋
    望月歩、中島歩
    前田旺志郎、石川恵里加
  • 2023年6月29日から『量産型リコ-もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-』がテレビ東京系列でドラマ放送開始。
    前作とは別世界の物語で主演は引き続き与田祐希。
    他、前作で出演したキャストも同姓同名ではあるもののまったく異なる役柄で出演します。
    量産型リコ–もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-

ドラマ『量産型リコ』シリーズはどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

ドラマ第1期
作品名 配信状況
量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-
ドラマ第2期
作品名 配信状況
量産型リコ-もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年5月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

ドラマ第1期
作品名 配信状況
量産型リコ-プラモ女子の人生組み立て記- レンタル
ドラマ第2期
作品名 配信状況
量産型リコ–もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-【テレビ東京オンデマンド】 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

ドラマ第1期
作品名 配信状況
量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-【テレビ東京オンデマンド】
ドラマ第2期
作品名 配信状況
量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-【テレビ東京オンデマンド】

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年5月10日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

ドラマ第1期
作品名 配信状況
量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記- DVD
ドラマ第2期
作品名 配信状況
量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記- DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

ドラマ第1期

ドラマ第1期
イベント企画会社で働く主人公・小向璃子の社会人としての成長をプラモ作りとセットでドラマストーリーにしています。プラモの事を全く知らなかった璃子をサポートしてくれるのは矢島模型店の店主でいきなり本格的に塗りを入れたのが凄く斬新でした。プラモを作る過程にかなり気合を入れており、妥協を許さない店主のこだわりに毎回感心させられます。プラモ作りは部署全体に広がっていき次第にお荷物部署から変わっていく様子が壮快です。特にミニ四駆回ではマニアックな用語が飛び交い、作り手の情熱が凄く伝わっきてすごく濃い内容で楽しませてくれました。イベント時の皆の笑顔は印象に残ります。楽しんで一生懸命になれるプラモの素晴らしさを改めて感じさせてくれただけでなく、仕事に行き詰った時にどうすれば良いのかを見直させてくれる良いストーリーのドラマでした。独特のストーリーが気に入っているので続編を希望しています。
ドラマ第1期
様々なプラモデルが出てきて、ただ組み立てるだけじゃなくて、作品の事に触れていてくれたり、カラーリングしたり、墨入れしたりと、もの凄く本格的だったので、毎回出来上がるたびに、予想以上にカッコよかったり、プラモが魅力的に見えて、本当に感動しました。それにリコが色んな人と出会って、プラモデルを通して対話を繰り返すことで、どんどん仕事に対する姿勢や価値観が変わるのが良かったし、アツいって思ったら次の瞬間には冷めていたりと、リコらしいちょっと変わったマイワールドが面白かったです。とくに甥っ子くんとのエピソードが大好きです。最初は最近の子特有の、動画をずっと見ていたり、生意気だったりしたけれども、仲良くなってからは、リコにすっごく懐いて可愛かったり、恋についてご教授してくれたりと、二人の関係性が良かったです。
ドラマ第1期
プラモデル女子なんて言葉があるかどうか知りませんが、プラモデルを作りながら、人生のいろんなことに気づいていく女のコと、その同僚たちの話です。タイトルにもなっている「量産型」というのは当然ガンダムに出てくる「ザク」のことです。まさに世の中、ガンダムになれる人間なんてほぼいなくて、ほとんどはザクです。でもそれは決して悲観すべきことではなくて、ザクはザクでもちゃんとそれぞれ個性はある。要するに特別なんかじゃない普通の人間でも、いろいろ良いところがあり、世の中はそういう人たちが集まって回っている。そんなことを教えてくれます。これを見ていると、何だかプラモデルを作りたくなるし、同時になんだか元気になれます。必ずしも成功ばかりではありませんが、それでもこうしてプラモデルも人生もコツコツ作られていくんだなとポジティブに考えられるドラマです。
ドラマ第1期
何となく平凡な日常に埋もれつつあった女性が、プラモデルの組み立てという世界に出会い、その趣味にハマりながら自分自身の人生と言うか、社会での立ち位置を見つめ直す。そんなドラマでした。個人的にプラモデルについては詳しくありませんし、そもそも手先が不器用で向いているとは思えません。しかし、別のジャンルにおいては趣味としてプライベートの時間の多くを費やしており、まさにハマっていると言える状況に身を置いています。それと共に人生を充実させている実感があります。人がどんな趣味を持つか、その出会い方は様々でしょうが、ハマるかハマらないかはやってみないと分からないでしょう。このドラマの主人公みたいな若い人は、既に特定の趣味を持っているのでなければ、なるべくいろんな体験にチャレンジして、良い趣味に出会えれば良いのではないでしょうか。そういう意味では、良い趣味に出会えた羨ましい主人公ですね。ちなみにプラモデルの世界について、かなりマニアックかつ詳細に作中で紹介されており、知らない人間でもかなり興味津々に見ることができました。
ドラマ第1期
主人公が女の子でプラモデルにハマっている設定が、他のドラマでは見ない新鮮さがあって面白いです。しかもプラモデルを通していろいろな人と関わったり、自分の人生を見つめ返したり、プラモデル自体に重要な役割が与えられているところも良かったです。自分はプラモデルを見たことがあっても全く作ったことは無かったのですが、主人公が楽しんだり葛藤したりする様子を見て、プラモデルを作ってみたい気持ちになりました。主人公はこだわりが強いけれど穏やかな性格をしていて、演じている与田祐希さんにピッタリだと思いました。そのためか、すごく自然体な演技ができていたと思います。昔懐かしいプラモデルも出てきたりして、ノスタルジックな気分にもなれる作品でした。
ドラマ第1期
何気なく観たら、リコ役の人のもう淡々とした感じや、まるでやる気ない感じが、気に入ってました。そして、だんだん可愛くなって面白かったドラマです。一話完結なので見やすくて、ガンプラや車など色々なプラモデルが出できて、それを作っているのが、とても楽しそうなのです。だからからか観ているだけでなくて、プラモデルを作りたくなりました。さらに、プラモデルを通して、だんだんと親密な人間関係になるのも素敵でした。あんな模型屋さんが家の近くであるのは羨ましいです。プラモデルとドラマが成り立つのが不思議ですが見どころです。毎回のテーマが現代のものばかりだったからか、凄く共感できました。深夜ドラマのスローな展開が、この内容にぴったりだったと思います。

ドラマ第2期

ドラマ第2期
シリーズ2作目といっても、続きものではなくパラレルワールド的なもので、舞台となる模型店やメインの役者さんは一緒だけど、他は登場人物の設定も立場も違っている、もし主人公のリコがこうだったらという「if」の物語です。なので1作目を見ていなくともまったく問題なく楽しめます。ユニコーン企業が舞台ですが、設定は緩めです。そこは本当の主戦場が模型店だからです。リコや彼女の周辺の人たちがプラモを作りながら、その過程の作業から、それぞれのいろいろな思いに気づいたり、新しい自分を発見したりしていくのですが、やはりポイントはタイトルにもなっている「量産型」です。もちろんガンダムファンならすぐにわかる「ザク」ですね。もちろんガンダムの知識がなくても大丈夫で、それは自分は特別ではないと自覚するリコのアイコンであり、彼女はありふれた量産型だからこそできることを見つけていきます。そこが良い。誰もが特別な天才になれるわけではないから、ごく普通の目線だけど、誰かと協力したり、あるいはほんのちょっと視点を変えられれば、やりたいことくらいはできる。そんな頑張りすぎないけど、しっかり自分らしさを問いかけてくれるところが、魅力のドラマです。
ドラマ第2期
テレ東深夜枠のドラマで、とある若い女子がプラモデルと出会って成長していく姿を追っていくヒューマンホビードラマです。平凡な性格で大してとりえもない女子が自分は量産型の人間なのかと自問自答している時に、ある日ふと機動戦士ガンダムのザクのプラモデルと出会い、プラモデルにのめり込んでいきます。プラモデルとの出会いを通じて、自分自身と向き合い、本当に自分がやりたいことは何なのか、葛藤しながらも自分の将来を考えていく姿はとても好印象でした。プラモデルというとちょっとオタクのイメージがありますが、女子✖️プラモデルという組み合わせが意外性があって現代風でとても良いと思います。とても楽しい元気が出るドラマでした。
ドラマ第2期
前作もそうですが、今回も見終わったら、プラモデルが作りたくなります。ドラマで描かれている人間模様とプラモデルの繋がりが、見ているとうまくプラモデルを組み立てていく気持ち良さにハマっていくから、気持ち良いです。そして、作業音も聞いていると心地良いのも良くて大好きでした。キャストの与田さんがとてもかわいかったです。見どころは、トムキャットのジオラマです。もう、すごっかったです。ジオラマも作るの楽しそう。プラモデルは大人になって作らなくなってたいるから、この作って汚すというのが、新鮮でやってみたくなります。かわいいと思った与田さんですが、あのなんともいいがたい感じの演技は、クセになるほど好きになりました。
ドラマ第2期
人がモノ作りに没頭しているドラマやドキュメンタリーが大好きなので、ドハマりした1期のその後が描かれる2期がスタートするもんだと、リアルタイム視聴の為に受け入れ体制万全状態でスタンバイ。始まってようやく「もう一人の」に気がついて、続編2期ではなくシリーズの位置づけであること、違う世界線で生きるリコが描かれていることを認識。リコの職場環境も、仕事とプラモ作りに没頭する公私のバランスも理想的だったので、あの雰囲気をもう一度味わえなかったことは少し淋しくもありましたが、自分で起業するという新たな夢に向かうリコもまた素敵だし、プラモデル作りも相変わらずの尊さ。店主を演じる田中要次さんの「あるよ」を聞くと、どうしてもHEROのマスターを思い出してニヤついてしまいました。
ドラマ第2期
主人公がプラモを作っていくシーンが職人みたいでカッコいいなと思ったのと、プラモデル作りが人生の教訓に繋がっていくという深いストーリー性にも魅力を感じました。しかも主人公だけが成長するのではなく、プラモデルに向き合った人たちみんなが成長していくので、見てて勇気をもらえます。一度もプラモデル作りをしたことがない自分でも、プラモデル作りの魅力がよくわかりました。最初の方はあまり魅力的な人物がいなかったので心配になったのですが、それはみんなの成長を見せるために、あえて最初は魅力を見せないようにしたのだと思います。そういう製作陣の工夫も素晴らしいと思いました。プラモデルに限らず、没頭できる趣味を持つことの楽しさも実感できました。
ドラマ第2期
シーズン2ってことで、前回の続きかなって思ったら、リコとか真司とか人は同じだけど、別の世界線のストーリーだったのが斬新で面白かったです。ぶっちゃけ学生から、友達とベンチャー企業立ち上げて社長をやっているのは、全く量産型ではなかったけれど、相変わらずリコが、前半はやる気がなかったのが良かった。ノコルナっていうアプリの開発も、実際にあったらめっちゃ便利だと思うし、新しいお仲間も個性的で良いキャラでしたね。そして今回も黒い三連星とか、エアリアルとか、相変わらずガンプラが登場したのも嬉しかった。エアリアルなんて、つい先日までアニメやっていたので、あの名言とガンビットの再現も含めてテンション上がりました。
今おすすめのお得情報!