※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『いつくしみふかき』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月9日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年4月に劇場公開。
    いつくしみふかき
  • 監督
    大山晃一郎
  • 出演・キャスト
    渡辺いっけい、遠山雄
    金田明夫、平栗あつみ
    榎本桜、小林英樹

映画『いつくしみふかき』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
いつくしみふかき

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年5月9日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
いつくしみふかき レンタル

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluオリジナル」も注目。
配信本数14万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。

Hulu公式ページはここから
※Huluに無料体験期間はありません。

Huluを始めるならディズニープラスとのセットプランもお勧め!
ディズニープラスはディズニー作品だけじゃない!ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターなど多数の作品をラインナップ。Huluと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスとHuluのセットプランは、スタンダードセットプランプレミアムセットプランの2つからチョイス可能!
スタンダードセットプランは月額1490円でFullHD画質&2台同時視聴、プレミアムセットプランは月額1740円で4K動画&4台同時視聴を楽しめちゃう!
単体プランだとHulu月額1026円、ディズニープラス スタンダード月額990円、プレミアム月額1320円。これらを単純に足し算すると、スタンダードセットなら2016円、プレミアムセットなら2346円かかっちゃう計算に。でもセットプランならその差額がそれぞれ526円と606円もお得になるんです!
2つのサービスを一緒に契約して、お得に動画ライフを満喫しちゃいましょう!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。
※また、ディズニープラス単体のサービスにも無料期間はありません。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
いつくしみふかき レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
いつくしみふかき DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

息子が産まれる瞬間に嫁の実家に空き巣に入るという始まりだったので人間のコワイ映画なのかと思いましたが、ストーリーの途中などはコメディになったりと、物語が進むにつれてこんなに印象が変わる映画も珍しいなと感じました。
序盤は目も当てられませんでしたが、中盤以降グッと引き込まれました。ゆったりとしたスピードで変わっていく父親の進一のそのスピードがリアリティがあって良かったなと感じています。
見た目や内容は派手さはなかったけど心のどこかに引っかかる作品になっていて、ラストのシーンでは、「少しは子供の事を想っていてくれたのかなと」思えたので、それは観ていて良かったなと感じました。
数え切れないほどたくさんの映画やドラマに出演している名優渡辺いっけいさん。そんな渡辺いっけいさんの初主演映画と聞いて、今まで主演を務めたことがなかった事実に驚かされましたね。まさに日本のコンテンツ業界に欠かせない名脇役と言えましょう。そんな渡辺いっけいさんが初主演作で演じたのは、かなりろくでもない男です。はっきり言って悪役寄りなのですが、渡辺いっけいさん一流の演技でどことなくコミカルさが醸し出されていて、なぜか憎み切れないキャラクターと化していました。他の登場人物もどことなく浮世離れしていて、何だかリアリティに欠ける。それなのに見終わると、心が感動で満たされてしまう、ちょっと不思議な映画でした。
最初は人間の心の闇を描いたサスペンスかと思ってみていたのですが、だんだんコミカルな路線へ進んでいく予想のつかない感じが良かったです。この作品に出てくる父親はかなりの屑人間で、その影響を受けてしまう子どもがとてもかわいそうでした。その父親を演じる渡辺いっけいさんの演技が非常に上手いので、見ててイライラするくらいリアルでした。さらにこの映画では、村社会の恐ろしさについても描いているところが印象に残りました。村人たちとの交流が密接ということは、噂話が流れるのも一瞬で、嫌われたらもうそこでどんどん仲間外れにされていく絶望感が伝わってきました。親の呪いがあるにも関わらず、それでも頑張って生きていく息子の勇気ある姿に拍手を送りたくなりました。
正直、掴みどころがない作品にも観えてしまいました。キャスティングはまぁまぁ、渡辺いっけいさん、頑張った感が出ていたと思います。ロクでもない男が窃盗をして逃げて、生まれた子供が成長しても親が親なら子も子、みたいなストーリー展開なのはよくある話しだけど、中盤にはコミカルな感じに進むのは新しくもありました。渡辺いっけいさんの悪人ぶりも、いい意味で憎らしさがあります。エグいだけなのかと思えば、コメディになり、そして終盤にかけて人間臭さが残る感じで、意外に最後まで見続けた映画でした。少ししんみりさせる場面もあったり、シリアスな重い作品としても見られるから、高校生や大学生の親子で見ても議論できるかもしれません。コメディ要素で中和されていて、おすすめです。
昔は人情系のドラマとか映画とかが沢山作られていましたが、最近はぱったりとそういうものは作られなくなりました。おそらくグローバル化によって日本の国としての共同体意識が薄れたからだと思われますが、しかし、この映画は、久しぶりに蘇ってきた人情系にふさわしい内容の映画です。主人公の父親は問題ばかり起こすちょっと困った人です。しかし、主人公はそんな父親のことを知らずに育ちます。そんな中で、あることからお互い親子であると知らずに共同生活を始めます。そのような生活の中で、様々な出来事があり、時には泣け、時には笑えるような物語になっており、人情系をあまり好まない僕でも楽しめました。とてもおもしろかったので、皆さんも是非一度御視聴下さい。
ストーリー構成が、大きく3つに分かれている印象を持つ作品になっています。
序盤、中盤、終盤、にかけて、物語の内容や表現するものが大きく転調するのが、かなり特徴的です。
ホラーのように進んでいくのかと思えば、突然コミカルな雰囲気に変わっていき、最後はドラマのようなシーンで視聴者を引き込みます。
作品終盤では、特に人間臭さや、人間味の部分、許すということだったり、心に訴えかけます。
物語が進行するにつれ、これだけ印象が変わる映画というのは珍しいため、その点で記憶に残る作品です。
今回、渡辺いっけいさんは、役として最低な父を演じますが、役者としては、やはり存在感があり、人として最高にダメな父親を熱演されています。
今おすすめのお得情報!