※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『劇場』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月22日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年7月に劇場公開。
    劇場
  • 出演・キャスト
    山﨑賢人、松岡茉優
    寛一郎、伊藤沙莉
    上川周作、大友律
  • 原作はお笑い芸人ピースの又吉直樹による小説『劇場』

映画『劇場』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
劇場

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
劇場 レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!8万本以上の動画を配信!フジテレビの人気ドラマやアニメ、映画、バラエティ。さらに人気の韓流ドラマや海外ドラマ。そしてここでしか見られないFODオリジナルドラマなど、多彩なコンテンツが楽しめます。
さらに200誌以上の雑誌も追加料金なしで読み放題。様々なジャンルの雑誌があるので、通勤中や休憩時間にも楽しめる!
視聴端末は、スマホ(iPhone、Android)、タブレット、パソコン(Windows、mac)、そしてFire TVやChromecastを使えば、大画面のテレビでも楽しめます!
FODプレミアム公式はここから
※FODプレミアムに無料期間はありません。

この記事は2024年5月22日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
劇場 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

この作品は独特な世界観が良かったです。永田はずっと夢がありながらも、うまくいかないのがリアルです。現実逃避したくなる気持ちもわかります。
そんな中沙希と出会うのが印象的です。沙希は飾らない可愛らしさがあって、そこにいるだけで安心させてくれるような存在です。永田は沙希がいるからこそ、頑張ろうと前向きになれていた気がします。
二人で生活していくところは思わず青春だなと感じます。永田のことを一番理解して、沙希はそばで支えていたのが素敵です。永田のことを信じて、大丈夫と思っていたはずです。応援してくれる人がいることが、どれだけ救いか伝わってきました。
夜中まで必死に考えている姿は、しっかりと演劇への愛を感じました。
「火花」が社会現象となった又吉直樹の同名小説を実写映画化した本作ですがうだつの上がらないとにかくダメな男とそんな男に翻弄されてしまう女の切なく儚いラブストーリーになっていました。主人公の永田を演じた山崎賢人ですが、正統派イケメンということでこれまで爽やかな役柄ばかりの俳優だったので、ダメ男の役と聞いて心配だったのですが、こっちが素なんじゃないかと思ってしまうくらいハマり役でした。どんどんと沙希に依存していく姿なんかも妙な説得力がありました。そして、何より沙希を演じた松岡茉優の演技がとにかく素晴らしかったです。恋愛は気付いた時には遅すぎることばかりですが、当たり前の幸せが何よりも大事なことに気付けなかった哀れな男をリアルに描いた作品でした。
主演の山崎賢人さん、松岡茉優さんの演技が凄すぎて、一気に引き込まれてしまいました。山崎さんは元気ハツラツとしたイメージや可愛らしい少年のようなイメージが強かったので、こんな陰気な雰囲気な男を演じて違和感がないことに衝撃でした。山崎さんはどの作品でも表情や言葉の力が強く、この作品でも山崎さんの一言一言が胸にずっしりとくるシーンが多かったです。そして松岡さんは愛するがあまりどんどんと壊れていく女性を演じているのですが、見ているだけで涙が出てくるほど、等身大の演技で心に訴えかけてくるものがありました。色んな表情の松岡さんを見ることができました。2人がどうなっていくのか結末が全く予想がつかないところもよかったです。
私は山崎賢人演じる「ナガタ」が松岡茉優演じる「サキ」との関係や自分が何をやりたいのかをたくさん考えて自分自身と闘っていて、私はその姿を見て周りとの関係や自分自身が何をしたいのかを考えるきっかけになりました。ラブストーリーでもあると思うけど、ヒューマンな感じもあって恋愛に興味がある人だけでなく、それ以外の人も楽しめると思います。ラストが衝撃的で、見た後はいろいろな考察が考えられて、見た人と沢山考察や想像を語り合えて、見た後も楽しめるような作品だと思います。個人的には、「花束みたいな恋をした」が好きな人はこの作品も好きになるのではないかなと思いました。この原作は又吉直樹さんの小説で、映画を見る前、見た後などに小説も読むとより楽しめると思います。
小説を読んだことがあり気になったので視聴しましたが、とても良い作品でした。山﨑賢人と松岡茉優というキャストも豪華でおふたりとも見事に演じ切っているのが印象に残っています。夢を追いかけるナガタとそれを支えるサキ、互いに一緒にいることを選んで望んでそうしていたはずなのに、現実に阻まれて少しずつ壊れていく2人の関係にはとても心を打たれました。世間一般的におそらくナガタのような人間は「クズ」と呼ばれる部類に入るのだと思いますが、彼にはそれだけではない彼だけが持っている感性のようなものを感じました。小説や漫画が原作の映画は原作とのズレから悪評を集める作品もありますが、劇場は原作を映像化することでむしろ分かりやすく感情移入することができました。とても難しい演技だったと思いますが見事に演じられていました。
この映画では、山崎賢人さんの活躍があり演技力がとても素晴らしく感じられました。劇団で脚本家、演出家を担う永田の活躍しているシーンが印象に残りました。しかし、客足が伸びない状況にあり、劇団は解散状態になっていて大変さを感じました。永田は自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かけて声をかけてから、映画が面白くなってきます。永田と沙希は、お互いに夢を持っていたことから2人の恋が始まり、恋愛をしていくシーンには見どころがあると思いました。恋人がお互いに支え合ったり、応援していくことは、とても大切なことであると考えられました。本当に忘れられない恋をしていると思いました。恋愛映画好きの方には、おすすめできる作品になります。
今おすすめのお得情報!