動画配信状況

映画『レインツリーの国』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月2日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2015年11月に劇場公開。
  • 出演・キャスト
    玉森裕太、西内まりや
    森カンナ、阿部丈二
    山崎樹範、矢島健一
  • 原作は有川浩による小説『レインツリーの国』

映画『レインツリーの国』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
レインツリーの国 レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月2日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
レインツリーの国 レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月2日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
レインツリーの国 レンタル

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年11月2日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
レインツリーの国 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
レインツリーの国 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

原作小説が好きだったので、実写化と聞いて思わず見たこちら。基本的な世界観は原作に忠実ですが、良い意味で小説を読んだときのイメージとは違う感覚を楽しめました。ただ、一番に思ったことは原作と同じ。やっぱり人がお互いに理解し合うことは本当に難しい、ということでした。本作のような障がいがあるかないかに関わらず、言葉が足りないことが原因で誤解が生じ、すれ違ってしまうことは本当によくあること。一方で、その誤解をきちんと解けるまでしっかりと向き合う主人公伸之と、それにしっかりと応えようとするひとみの誠実な姿から得られる学びはとても多かったです。改めて人との関係を大切にしていきたい。そんな気持ちになれました。
主人公のひとみが、自分の障害を通して最初はひっそりと生活していたが、ある事がきっかけで伸さんと出会う事で一つ一つ殻を破ろうとして悪戦苦闘している姿がとてももどかしくて、伸さんに色々打ち明ける事なく出会い常識がないと誤解されたり、障害を気にして諦めようとしたり。出会い、恋、嫉妬、葛藤、挑戦の経験を通してひとみが少しずつ前向きに成長していく姿に力強さを感じ感動しました。自分だったらどうするだろうと考えさせられながら観賞していました。しんみりしたシーンばかりではなく、クスッと笑えるようなシーンもあり。レインツリーの国と言う映画タイトルの意味もよく理解出来る日常的な雰囲気の良い作品になっていると思います。
難聴者であるひとみとぶつかり合いながらももっと理解したい、気持ちを知りたいと努力する伸行と、気持ちが爆発したりたくさん不安を抱えていたりと不安定ながらも誠実に向き合っていくひとみのふたりだからこそ歩み寄ることができたのだなと思いました。最初の方でのふたりは自分勝手で、相手のことより自分のことという感じだったのが後半少しずつ相手のことを理解しよう、自分のことを伝えようと変わっていくのが良かったですし、最初の喧嘩シーンはとてもハラハラしながら観ていたので2人の心が通じ合ったときは思わずほっとしてしまいました。難聴者と健聴者という違う立場だからこそぶつかりあったしその分わかりあうまで大変だったけど諦めることなく寄り添った二人の素敵な恋の物語でした。
私はこの手の映画が大好きです。自分自身も会社のマドンナに恋したときは、こんな風にして親しくなったことを思い出して、しばし涙が出ました。この映画でのメールは、スマホでの交換となりますが、私はパソコンでのやり取りに、とても懐かしさを覚えます。それにしても焦らすかのようにわざとすぐに返事をしないで、時間をずらしての送信したりするところがなんとなく惹かれました。メールだとうまくいく二人だけれども、会うとうまくいかないという関係、ハラハラドキドキしてしまいました。ラストの短髪になるシーン、キュンキュンしてたまりませんでした。西内まりやさんのショートに完敗です。健康男子と難聴女子の淡い恋の物語は最高に素敵でした。
西内まりやさんと玉森裕太さんが共演しているのですが、凄く心温まる映画でした。レインツリーの国というブログサイトを見つけたことによって伸行とひとみの仲が接近していくのですが、ひとみは聴覚障害を患っていて、なかなか彼と対面することを躊躇ってしまう姿が印象的でした。メールでのやりとりだったら文言でのやりとりですから簡単にコミュニケーションが取れますが、対面するとなれば言葉での会話ができないのでそういう部分ですごく考えさせられる話ですね。あと主演である玉森さんの演技がとてもナチュラルで素晴らしかったです。彼の演技は何作か見たことがあるのですが、この作品が一番自然だったと思いました。人と人との繋がりの良さをとても感じられるおすすめの作品です。
耳が聞こえないハンデを乗り越えて、愛で結ばれていく二人の姿に感動しました。恋愛系の作品は二人が寄り添いあうことの大切さを描いているものが多いですが、この作品の場合は寄り添いあうことの大変さやすれ違いもちゃんと見せているところがリアルで良かったです。さらに聴覚障害だからこそ感じる日常生活の不便さや周りの人たちからの扱いなど、普通の人では体験できない視点からの描かれ方があるのも印象的でした。どんな辛い境遇にいても、真っ直ぐに生きていれば自分を受け止めてくれる人は現れる、そんな希望を感じられる作品でした。インターネットを経由して知り合うあたりも、現代の日本と通じるところがあって共感できましたし、そこから二人が距離を縮めていくシーンはドキドキできて良かったです。
今おすすめのお得情報!