※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

アニメ『MONSTERS 一百三情飛龍侍極』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年3月1日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2024年1月22日に世界同時配信開始。
    MONSTERS 一百三情飛龍侍極
  • 監督
    朴性厚
  • 出演声優・キャスト
    細谷佳正、花澤香菜
    東地宏樹、真殿光昭
    野村勝人
  • 原作は尾田栄一郎(ワンピース)による短編読み切り漫画『MONSTERS』
    『WANTED! 尾田栄一郎短編集』に収録。
    WANTED! 尾田栄一郎短編集 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アニメ『MONSTERS 一百三情飛龍侍極』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

dアニメストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
MONSTERS 一百三情飛龍侍極

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

DMM TVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

尾田栄一郎先生による読み切り作品集に収録されているMONSTERS 一百三情飛龍侍極を初アニメ化した作品になります。リューマという若い侍が西部劇のような世界観に登場し、街で起こる化け物退治をするという短編アニメというわかりやすい勧善懲悪を描いた快作です。ですがこの短編が発表され数十年後になる現在においては意味合いが変わってきます。ワンピースを読んでいる読者にとってはこの作品のナレーションがゾロの声優さんである中井和哉さんであること、そしてリューマという名前とその出で立ち、それはゾロが冒険の中で出会ったある人物に酷似しているのです、そしてこのアニメの終盤にこのわくわくした感覚の答えを与えられる瞬間は最高のものになります。ぜひ答え合わせを楽しんで下さい!
ONE PIECE好きは絶対に観るべき作品です。尾田栄一郎先生の漫画短編集に収録されていた作品のひとつ「MONSTERS」が原作となっているアニメで、実はONE PIECEと世界観を共有している作品でもあります。主人公のリューマはONE PIECEの人気キャラであるゾロに似た風貌の剣士で、そんなリューマがとある街で竜退治をするといった内容です。ちなみに今回のアニメ化以前にボイスコミックとして音声化されたことがありましたが、そのときからの続投でリューマの声優は細谷佳正さんが担当しています。洋画吹替作品に多く出演なさっている声優さんだけあって、演技がナチュラルで良い意味でアニメっぽくなく、最高に心地よかったです。またリューマが戦う相手である竜の声優がまさかのゾロ役中井和哉さんであり、ONE PIECEファンにはたまりません。もちろんONE PIECEを知らないといった方でも、単体の作品として十分に楽しめる内容になっているので、「MONSTERS 一百三情飛龍侍極」から尾田先生作品を開拓してみるなんて観方も面白いかもしれません。
ワンピースの尾田先生の短編がまさか映像化する日が来るなんてと、驚きながら視聴しました。漫画でも迫力のあった竜ですが、影の主役でもあり作画スタッフも非常に力を入れたのか、もうひたすらにかっこいいです。土地の破壊を意味すると表現されたのも納得するような登場した時の迫力、空の飛び方、対峙した際の絶望感が凄いと思いました。リューマ達の作画が全体的にすっきりしていたのは竜との比較効果も考えた上での演出かなとも感じます。その竜を切る、侍の真骨頂の描き方もたまりません。時間にしては短い話であるにも関わらず、ここぞという場面にメリハリが感じられ、あっという間でした。また、刀を通してスリラーバーグ編と繋がるような演出も見られ、本編の読者も楽しめる仕掛けがされているのも面白かったです。
ワンピースはメインキャラくらいしか知らない私。タイトルがなんとなく気になり、なんとなく見てみました。なんとなくルフィっぽい雰囲気の主人公とナミっぽい雰囲気のヒロイン、西部劇に出てきそうな町にフラッとやってくるよそ者の侍、災いをもたらす竜、という世界観がごちゃ混ぜになった「なんでもあり」感がジャンプっぽさ、ワンピースっぽさ満載だな、と思いました。傍若無人な主人公をスマートに諫める正義の味方が実は…という展開、主人公こそが…というオチは見ていくうちに予想でき、「やっぱりね」というスッキリ感でエンディング。
…かと思いきや、最後の最後でゾロの声。なんで?と思ったらそこで繋がるのか…!という驚き(本編見ている方は知っている話なのかもしれませんが)で最後まで楽しんで見られました。
MONSTERS 一百三情飛龍侍極は、アニメ・ONEPIECE好きなら、間違いなく好きになる作品です。
自分もONE PIECEを見て育ったから、最初からゾロ役の中井さんのナレーションが入っていて、テンションバク上げしました。
リューマによるオリジナリティあるストーリーなんだけど、随所随所で、コミックスのONE PIECEらしいセリフが入ってくるのもONE PIECE好きには堪らないと思います。完全オリジナル版ではないけど、ONE PIECE読んでなくてもめちゃくちゃ面白いはずです。剣士同士の死を期した闘い!これがこのアニメのメインになるけど、シラノが出てきてからの裏切り展開は、監督流石だよ!って言いたくなりますね。この結末は見逃してほしくないです。
長いストーリーにしても良さそうだったけれど、短いからこそ余韻が楽しめて、それでこそこの作品の魅力になってるのかなとも思いました。
王道のストーリーに決まった展開という形で、期待を裏切らないのが見ていて気持ちよかったです。
多くの漫画好き、アニメ好きが満足するものを、いいところだけ切り取って届けてくれているみたいなまとまりの良いショートアニメですね。
とりあえずゾロファンなら一回見ておく価値のある作品でしょう。
またワンピース見てないよって人でも、雰囲気わかりますしおすすめです。
なんとなく好きだったと思ったら、ワンピースデビューしてみても良いのではないかなと思います。
尾田さんワールドがあっさりめに描かれていて、万人向けなとっつきやすさです。
今おすすめのお得情報!