※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『ジャンヌの裁き』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年6月21日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2024年1月12日からテレビ東京系列でドラマ放送開始。
    ジャンヌの裁き
  • 出演・キャスト
    玉木宏、桜井ユキ
    音尾琢真、優香
    高岡早紀、田中直樹(ココリコ)

ドラマ『ジャンヌの裁き』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
ジャンヌの裁き

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年6月21日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
ジャンヌの裁き【テレビ東京オンデマンド】 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
ジャンヌの裁き【テレビ東京オンデマンド】

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

裁判員制度というものは知っていたけれど、検察審査会なるものも現実にはあるんだって知ることができたのが、一つ勉強になってよかったし、こういう一般市民参加型って、判断を間違わないようにとか、逆恨みの恐怖とかに焦点が当てられるのに、皆が皆さっさと終わらせたいっていう、割とリアルな心情がピックアップされていたのも面白かったです。それにしても流石にドラマなので、名探偵並みに剛太郎達が指摘したことで新たな真相が出てきて事件解決というご都合展開が目立ったけれど、実際の現実でも、こうやって一般人が指摘したり、トリックを見破ったりするケースってどれくらいあるものなんだろうかって気になりましたね。あと主人公が漫画家でなくてもよかった気がする。
面白かったです。庄司議員が最後まで悪役に徹していて腹立つ部分もありましたが、審査員メンバーはみんな最後には楽しそうにしていたのでハッピーエンドだと思います。また、個人的には鋼太郎の子どもたちが素敵すぎて大好きでした。お父さんの頑張ってる姿を知っているからこそ、ちゃんと応援してくれている感じが感動してしまいます。鋼太郎も幸ちゃんの一言がヒントになって漫画を書いたりとか、お互いにとって本当にかけがえのない存在であることが分かりました。何より、優しくて正義感あふれる鋼太郎のキャラクターは最高です。バカ真面目なところはあるかもしれないけど、こんなお父さん素敵だなと思ってしまいました。できたら、続編作って欲しいです。
検察審査会について全然知らなかったので、物語を楽しむと同時に勉強になる部分がたくさんありました。話し合いがほとんどなので、派手なシーンを期待していると拍子抜けするかもしれません。しかし、話し合いの中で相手の動揺を見抜いたり、心理戦がドラマ全体の緊張感を高めてくれていました。地味なように見えるこのドラマがなぜこんなに面白いのかというと、登場人物のキャラがだいぶ濃いからです。話し方も特徴的なので、普通の会話シーンでもどんどん引き込まれていきます。そして登場人物たちが動物に当てはめられているのも大きな特徴で、それがキャラの覚えやすさにも繋がっています。ココリコ田中さんが悪い役を演じているのですが、普段の優しそうな雰囲気とのギャップがあってかなり良かったです。
玉木宏さんの父親役が新鮮に感じたけれど、トーク番組で語っていた実生活と重なる部分もあって、こんな光景なんだろうと思い浮かべてほっこり。何故に漫画家設定なんだろう?という謎も、検察審査会メンバーの名前を聞いて納得。剛太郎が妄想の中で描いた似顔絵が、動物とその人の特徴をしっかりとらえつつ、コメディータッチだったのも良かったです。最初から最後までどす黒い存在だった桧山でしたが、検察側からすると1度不起訴になった事件を掘り起こされるのは、泥を塗られるのと同じなんだろうなと、絶対阻止する意地の姿勢が伝わってきて。そんな桧山に通じる情報提供者はあの人?とミスリードされながらも、1人また1人と真剣に事件と向き合い始めて、人間力が高まって行くメンバーの変化は見ごたえがありました。
検察審査会で不起訴処分に対する不服申し立てがされた案件を法律に関して全く詳しくない10人のメンバーがそれぞれの事件に真っ正面から向き合いながら結論を出していく姿に感動させられました。不起訴処分になった案件も実際には明らかにされていない新事実があって、その解明にもワクワクしました。また、主人公の越前剛太郎をはじめとして、最初は全然やる気のないメンバーたちが案件を重ねるにつれて、どんどんチームワークが良くなっていくのもとても素敵でした。そして検察審査会を目の敵にしている東京地検特捜部長の桧山卯之助が彼らの邪魔をするためにメンバーの中にスパイを送り込むなど暗躍しているのにもハラハラさせられました。全体的にストーリーがしっかりしているので、見応えのある作品だと思います。
主人公の越前を始め、登場キャラクターたちの台詞がちょっと浮いた感じがして気になりましたが、裁判員をクローズアップするという試みは面白いです。ただ、このドラマに登場する裁判員は全員探偵のような行動をするので、純粋に法廷物として見ると違うと思います。悪を懲らしめるという面で見ると、その方向性はある程度成功していて良いです。裁判員のメンバーは、癖のある人ばかりで、少女漫画家という異色の経歴を持つ越前が結構普通の人である為、越前が常識人に見えてくるのが面白いと思います。扱う裁判は、実際に起こりそうな事件が多かったので、現代社会の風刺的な側面も少しあるのかなと感じさせられました。越前が2人の子供を持つシングルファザーというのも、現代の日本らしい設定かなと思います。
今おすすめのお得情報!