※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『高野豆腐店の春』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年7月9日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年8月18日に劇場公開。
  • 監督
    三原光尋
  • 出演・キャスト
    藤 竜也、麻生久美子
    中村久美、徳井優
    山田雅人、日向丈
    黒河内りく、小林且弥

映画『高野豆腐店の春』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
高野豆腐店の春 レンタル開始日:2024年08月07日

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。「定額レンタル8ダブル」プランなら新作含む全ての作品を月8枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

豆腐屋の作業を見れて、人情に触れて心が温まる作品です。朝早くから作業して、水は冷たいから大変な仕事だと思います。美味しくするためにとても丁寧に同じ工程を毎日されてるのが、素晴らしいです。舞台が尾道で、豆腐屋だけでなく散髪屋も食堂も昭和の世界。とてもノスタルジーを感じました。そこに職人気質バリバリの頑固な親父と、優しくて気のきく娘が暮らしてます。地方ならではのご近所さんが、かなり食いついてきます。娘の結婚に周りがうるさいけど、父親は心配してるものの娘が家を出ていくのは淋しいという気持ちが、上手く描かれています。でも周りにはそんな風には見せず強がってるのが、可愛い。ある家族の日常を安心して見られる映画です。
作品全体に素朴な雰囲気が満ちており、親子としての繋がり、住民同士の繋がりなど、人間関係のいろいろな形について描かれているのが印象に残りました。そして豆腐店で変わらない味を作るための毎日のルーティーンが淡々と写されるシーンでは、プロフェッショナルな雰囲気が漂ってきてカッコいいなと思いました。この作品に出てくる父親も娘と結構頑固な性格をしていますが、頑固だからこそ自分なりのこだわりを貫き通せていて、それこそが職人だと実感できました。藤竜也さんの演技が素晴らしくて、頑固さの中にも親としての優しさが含まれていることが表情だけでも伝わってきました。人間ドラマでほっこりした気持ちになりたい人に見てほしい作品です。
のどかな尾道の小さな豆腐店を舞台に職人気質の頑固な父親と、優しくて明るい娘の心の交流を描いたヒューマンドラマです。麻生久美子が昔から大好きで、本作品に出ていると聞いて楽しみにしていました。もともとかわいい女優さんだなと思っていましたが、歳をとってもその可愛らしさは変わらず、周りの俳優さんを明るくしてくれるような女優さんだと思います。昔はきっとこういう豆腐屋さんがたくさんあったんだろうなあと思いますが、だんだん数が減ってきてしまっているのが寂しいです。それでも本作品を通じて、古き良き時代の商店街やお店屋さんの世界観を知ることができるので、そういう時代を知らない若い世代の方にも是非ともおすすめです。
舞台となっている尾道の日常の風景が、とても綺麗で癒されました。高野豆腐店の豆腐、めっちゃ食べてみたいです。見る前は高野豆腐(こうや豆腐)だと勘違いしていて、映画を見て、ようやく苗字から店の名前が付けられてることを知りました。ストーリーは、豆腐の話がメインかと思ったら、意外とそんなことはなく、親子の絆だったり原爆の話だったりとホロっと感動するシーンがたくさんあります。その中で、尾道に住む住人たちの温かさが伝わってきて、なんだか心温まる映画になっていました。藤竜也さんと麻生久美子さんの掛け合いもすごく面白かったし、藤竜也さんの仲間内の会話も面白かったです。みんなの人柄が伝わってくるような素晴らしい映画でした。
ロケ地が広島県の尾道市ということだったので今回この映画を観てみました。映画タイトルが「高野豆腐店の春」だったので豆腐の話かと思いきや、親子のじれったい絆系ストーリーで、なかなか感動モノでした。タイトルで食わず嫌いをされてる方がおられるならば、絶対に観た方が良い映画になっています。
主人公は頑固で寡黙なお父さんと、それとは対称に明るくテキパキと仕事をこなす働き者の娘です。この2人のハートフルな親子関係がすごくしみじみとした感情になりました。そして周りの地域の温かい人たち。少し重いシーンもありますが地域の優しさや、愛情に触れる映画になっていて号泣しながら見ていました。改めて家族や友達を大事にしようという気持ちになりました。
見て損はない映画です。
広島県の尾道を舞台にした作品で作品自体も素敵でしたが、背景である尾道の風景に癒されました。職人気質の父親と頑固な娘さんのやり取りが本当に日本の親子だなという感じがして、少し懐かしさを覚えるような雰囲気が感じられました。豆腐の作成過程などでドラマの人情味などが伝わる部分もあり、周囲の人々との豆腐を通しての交流も柔らかく、優しい印象を与え、まさに豆腐を主軸とした穏やかな映画でした。作品の中でコメディタッチな部分もあり、見ている間中ずっとのんびりとした気持ちでいることができ、疲れた時にまた見たいと感じました。こうゆう日本映画の良さがこのような映画を通してたくさんの人に伝わると、その題材地となった尾道の良さも伝わっていくのではないかと思います。
今おすすめのお得情報!