※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

実写映画『聖闘士星矢 The Beginning』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月29日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年4月28日に日本で劇場公開。
  • 監督
    トメック・バギンスキー
  • 出演・キャスト
    新田真剣佑、ファムケ・ヤンセン
    マディソン・アイズマン、ディエゴ・ティノコ
    マーク・ダカスコス、ニック・スタール
    ショーン・ビーン
  • 原作は車田正美による漫画『聖闘士星矢』

映画『聖闘士星矢 The Beginning』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
聖闘士星矢 The Beginning

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

DMM TVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
聖闘士星矢 The Beginning DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

最初は期待していませんでしたが、実際見てみると1つの作品として面白かったです。原作を知っている人からすると聖闘士星矢ではないと思うかもしれません。しかし映画の戦闘シーンはかなり迫力があり、見応えがかなりあるなと思いながら見ていました。途中ペガサス幻想のオーケストラバージョンが流れた時にはかなり熱くなれました。ペガサス幻想のオーケストラバージョンはなかなか聴くことができないためこの映画ならではだとおもいました。新田真剣佑さんが出演していましたが肉体美に男の自分でさえ惚れてしまいそうになりました。本当に努力してから撮影をしたことがよくわかりました。続編がありそうな終わり方だったので楽しみにしています。
まず、主演の新田真剣佑さんが素晴らしいです!演技はもちろんのこと、体作りや役作りなどは監督と話し合いつつかなりやり込んだようで、マーシャルアーツの演出レベルは素晴らしいものとなっています。『コスモ』の力が覚醒するまで修行に勤しみ、指導者のマリンさんとの訓練シーンが前半の見所です。
監督は原作の大ファンのようですが、真剣佑さんへの指導では「原作は読まなくても良い」と言われたらしく、ストーリー前半の星矢のセリフは生意気な雰囲気も多いのですが、後半では新田真剣佑さんらしい硬派でクールな持ち前の姿となっています。アジア人は欧米人に比べると体の厚みが少ないように感じますが、体作りもしっかりとされたことで、星矢の後ろ姿がとても頼もしく感じられます。
俳優人はショーン・ビーンとX-Menでおなじみのファムケ・ヤンセンが元夫婦役という悪役夫婦にピッタリと思いきや、今回は敵対同士の関係でした。そしてカンフーの達人マーク・ダカスコスが執事役で登場し、この方のアクションが本当に素晴らしくかっこいい! 常にサングラスをしショーン・ビーン演じるアルマン・城戸の補佐などを務めていますが、運転姿や報告をする姿、登場シーン全ての出で立ちが素敵です。もうすぐ還暦の御歳ですが、隠れ家に侵入してきた武装軍団に一人で立ち向かうシーン、最高でした!ガン=カタ好きにはたまらん構え、セリフ全てがかっこいい! 今作の中でも必見シーンです。
アテナことシエナ役のかわいい女性はジュマンジシリーズのマディソン・アイズマンです。見た目はお年頃のお嬢様ですが、アテナに宿る強大なコスモに怯え悩むティーンエイジャーの役をうまく演じています。力の覚醒が進む度に彼女の髪色が変化していく様子、監督のこだわりっぽいですね!
そしてペガサスの聖闘士星矢と敵側に属するフェニックス聖闘士ネロのクロス装着シーンがめちゃくちゃかっこいい!少年漫画好きにはたまらない演出ではないでしょうか。後半の戦闘はクロスをまとってのものなのでCG演出も多いですが、こちらもまた見応えがある派手さです。
漫画やアニメの実写映画はクオリティや作り込みで度々話題となっていますが、今作は監督の『聖闘士星矢』に対する愛情がたっぷり詰まった子玉の作品となっています。原作を知らない人も、演出やアクション、映像で十分に楽しめる作品です。
実写映画化するにあたりデザインし直された聖衣がかっこよかった。ヘルメット型のマスクも、テレビアニメ版から入った自分には違和感がなくどこか安心感を感じた。新田真剣佑が演じる星矢は原作と年齢は異なるものの、真っ直ぐな純粋さを表現することに成功していたと感じる。また、師匠である魔鈴のビジュアルも素晴らしかった。まさに現実に魔鈴がいたらこんな風になるという理想の形になっていた。登場キャラクターは少ない分、星矢がなぜ戦うのかという根本的なところに説得力をもたせられていたと感じる。CGを使用した戦闘シーンについては、美しい表現が印象的だった。続編があるならば、他の聖闘士がどのように描かれるのか興味をそそられる作品だった。
まさかあの聖闘士星矢の実写版が見れるとは夢にも思わず、現代の映画のCGはすごいなあと思いながら期待して映画館に見に行きました。期待通りの出来栄えで、戦闘シーンはあの少年ジャンプやアニメで見た迫力のシーンが表現されていて、聖闘士の必殺技が格好良かったです。ペガサス流星拳を実写で表現するとこうなるんだ、と思わず感心しました。また、日本初の漫画が原作ということもあり、主人公の星矢を日本人俳優の新田真剣佑が演じているところも、原作をリスペクトしている感じがあってとても良いと思いました。原作の熱烈なファンの方はもちろん、当時ジャンプで原作を見ていなかった最近の若い人も充分楽しめる作品ですので、是非おすすめです。
本当に聖矢は真剣佑さんで良かったって思えるくらいに、真剣佑さんのアクションといい、肉体美といい、演技といい、本当に素晴らしかったです。ご本人が番宣番組か何かで、アクションを習っていて良かったって言っていたけど、私も真剣佑さんがアクションを習っていてくれたからこその、このアクションシーンでの見ごたえたっぷりのクオリティだと思うので、本当に良かったです。制作陣も、原作の聖闘士星矢のリスペクトだったり、作品への愛情を感じられる作りにはなっていたと思うけれど、ストーリーがちょっと気になってしまったかなって思います。多分原作を何も知らない若い子が見たら、よく分からなかったけど、マッケンがかっこよかったで終わりそう。
原作から大幅にキャラクターの数が減っているのですが、この改編については成功だと思います。なぜならおよそ2時間の尺の中でそれぞれのキャラクターを深掘りしていくと、主人公の成長や葛藤に焦点を当てられないからです。また、新田真剣佑さんの肉体改造の努力が伝わってきましたし、漫画のキャラクターのような端正なビジュアルも素晴らしかったです。この感じを見ると、他の漫画の主人公も演じられるような気がしました。アクションシーンについては、CG全開の派手なアクションが堪能できます。明らかにCGだとわかる映像ですが、その現実感のないところがこの作品の雰囲気には合っているようでした。ストーリーが単純なので、純粋にアクションに集中できるところも良かったです。
アニメと映画『聖闘士星矢』はどこで配信している?無料で見るには? 原作は車田正美による漫画『聖闘士星矢(せいんとせいや)』 1986年10月~ テレビアニメ『聖闘士星矢』が放送開始。 ...
今おすすめのお得情報!