動画配信状況

『シックスティーン症候群』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年4月2日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年6月~ FODで配信。
  • 2020年7月~ フジテレビ系列でテレビ放送。
  • 出演
    竹内愛紗、板垣瑞生
    武田玲奈、ゆうたろう
  • 原作は小夏による漫画『シックスティーン症候群』

ドラマ『シックスティーン症候群』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
シックスティーン症候群
配信期限:2021年5月25日

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに100誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

口コミ・感想

マンガで知っていたので、実写になるのかと興味をもちドラマを見始めました、正直マンガよりすんなり入ってきて面白かったです。
少しいびつな三角関係の内容ですが息吹も浅田もめいも役にピッタリでマンガファンの方たちも大満足したんじゃないでしょうか。
イケメン女子息吹がどんな風に演じられるのか楽しみだったのですが、かっこよかったです、女子からもモテそうな竹内愛紗さんがぴったりはまっていました。王子って感じがでていましたね。
浅田の嘘を知って泣いてしまうところはとっても可愛かったですよ。
いびつな三角関係と書きましたが、それは本当にドラマを見てなるほどなと思ってほしいと思います。ラストもいいですよ、まだまだこれからって感じが見て取れましたから。
竹内愛紗さん演じるボーイッシュな息吹と武田玲奈さん演じる男性恐怖症の美少女めいの友情のような恋愛のような依存に近い関係が印象的で、板垣瑞生さん演じる浅田が現れたことにより2人の関係が少しずつ変化していく様子は見ごたえがありました。
また、ゆうたろうさん演じる櫻井のジェンダーに対する問題などもあり、それぞれ悩みやコンプレックスを抱える十代ならではの不安だったり葛藤が描かれていて、不安定で揺れ動く感じましたが表現されていたのが良かったです。
大人が見たら自分の十代の頃を思い出しながら比べたりして楽しむことができますし、まさに今十代の人が見たら似た悩みがあったり共感できる部分があって励まされたりもする内容になっているのかなと思います。
竹内愛紗さんが主演したドラマ『シックスティーン症候群』。人気少女漫画のドラマ化で竹内さん演じるイケメン女子・息吹とその幼馴染、めい、二人に興味を示してくる男子、浅田や櫻井の4人を軸に描かれている学園モノなので注目です。
16歳という思春期ならではの悩みが初々しいので観ていて応援したくなるかも。
息吹はめいを守るという変な使命感を持っているのですが、過去に事情があるのでそこにも注目です。
また最初はチャラ男に見えた浅田もなかなか見どころのあるところを見せ始めるのでお楽しみに。
男子役だった息吹が浅田への恋心に目覚めたり、めいと息吹の友人関係に変化が出始めたりと見応えがあります。
4人が色んな出来事でどう成長するのか、自分らしさや自分の居場所とはを考えるきっかけにもなる作品です。
この作品は、男子のような風貌の女子バスケット部員・息吹と男性恐怖症の美少女めいという幼馴染2人の、めいが幼い頃経験した悲しい過去が絡んだ独特の関係を軸に、そこにどこかチャラい浅田と、小柄で女性的な直という男子生徒2名が加わった、親密ではあるが恋愛関係とも言い切れない、4人の微妙な距離感の中で巻き起こる様々な体験や思いを綴る、高校を舞台にした青春群像劇ですが、十代の男女らしい複雑で傷つきやすい感情が丁寧に表現されたポップでセンシティブな世界観と、刻々と変わって行く4人の感情や関係性を反映したドラマティックなストーリー展開が非常に魅力的で、若さと青さに満ちたビビッドなドラマ空間を深く堪能できる、大変上質なエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。出演俳優陣は皆、作品のテイストに添ったナイーブさ溢れる演技を見せてくれましたが、中でもヒロイン・息吹に扮した竹内愛沙の、様々な思いに揺れながらも凛とした存在感を示し続ける演技が素晴らしく、強く印象に残りました。
ドラマ『シックスティーン症候群』を観て、「固い絆で結ばれた息吹とめい」と「恋心に戸惑う息吹」が特に魅力的だと思いました。
まず、固い絆で結ばれた息吹とめいについてです。このドラマでは、幼馴染の女子高生・息吹とめいの様子が描かれます。息吹とめいは、幼い頃から仲が良く、可愛らしいめいを男勝りな息吹がボディーガードのように守っています。友人のような、恋人同士のような不思議な関係性ではありつつも、二人の間に強い信頼関係が感じられて、好感を持ちながら観ていました。
次に、恋心に戸惑う息吹についてです。息吹は、めいを守るために強くいようとしていて、恋愛をしていませんでしたが、偶然の出会いから仲良くなった浅田に魅かれていきます。息吹が、めいを守ることと恋愛のはざまで揺れ動く姿に、切なくなりました。
原作はマンガのようですが私はマンガを読んでおらずドラマしか見ませんでしたが、それでも十分楽しめました。
めいは自分を助けた代わりに屋上から落ちた浅田を心配している息吹への“依存”を止めて、男性らしさがないから安堵できる櫻井と仲良くなっていったことで、めいの“依存”と“罪悪感”から解放された息吹が、浅田に恋している自分の正直な気持ちを浅田に伝えているシーンが印象的でした。
何をもって「16歳らしい」とするのか定義は難しく曖昧だとは思いますが、もしも、今の16歳の子たちがこのドラマを見て、自分自身と重ね合わせることができたならば、この作品に登場する息吹、めい、浅田、桜井はやっぱり16歳らしい人間なんだなと思います。
ドラマの最後の方で、めいや櫻井が他の同性のクラスメイト達と微笑み笑いあっているシーンは数日後の現実のシーンだったのかなと考えています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です