動画配信状況

ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年7月26日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2019年7月からテレビ朝日系列でドラマ放送開始。
    サイン-法医学者 柚木貴志の事件-
  • 出演・キャスト
    大森南朋、松雪泰子
    飯豊まりえ、高杉真宙
    西田敏行、仲村トオル

ドラマ『サイン -法医学者 柚木貴志の事件-』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
サイン-法医学者 柚木貴志の事件- レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年7月26日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
サイン 法医学者 柚木貴志の事件

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年7月26日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
サイン -法医学者 柚木貴志の事件-

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
サイン-法医学者 柚木貴志の事件- レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
サイン-法医学者 柚木貴志の事件- DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

日本の医療ドラマとしては珍しいタイプの作品という印象があり、特に終盤では派手めでショッキングな展開が多く、そうした点は韓国ドラマのリメイクならではのダイナミックさを感じました。
主演の大森南朋さんの演技はさすがの安定感で、その師匠にあたる西田敏行さんの演技も盤石。そこに加わる飯豊まりえさんの若々しさが良いアクセントとなっています。
そんな豪華キャスト陣の中でも特に魅力を感じたのが、仲村トオルさんの存在感です。
基本的には悪役的な立ち位置ですが、彼には彼なりの哲学や理想があり、そのためには手を汚すことも厭わない。
その結果として他の正義と対立することもありますが、そうした悪とも正義とも割り切れない骨太な役回りにおいて、強い存在感を放っていたように思います。
良くも悪くもそれぞれのキャラクターがストーリーの展開によってイメージを裏切る部分があり、そうした点も興味深いドラマでした。
韓国ドラマのリメイク作品だそうですが、日本法医学研究院なる機関に所属している解剖医の主人公コンビが、司法解剖などを通して遺体から様々な情報を読み取って事件を解決してゆくストーリーが展開されます。ここまでならよくある作品なのですが、いろんな陰謀が渦巻いていて、権力者に立ち向かうという構図が存在するところが、このドラマの特徴的なところでしょう。基本的に脚本はテンポよく、かつ張りつめた硬質な緊張感の中で進むので、ついつい画面に見入ってしまいました。舞台となる日本法医学研究院というのが、架空の機関だけに警察との関係性がどうなっているのかいまいち分かり辛く、もっと説明シーンが欲しかったと思いつつも、サスペンスとしてはとても見応えがあるドラマでした。
このドラマで大森南朋さんの作品を初めて見ましたが、大森さんが正義感の強い法医学者を上手に演じていて、この後の大森さんの作品を見てみようかなと思うきっかけになりました。また、俳優の飯豊まりえさんがまだ新人の法医学者の役をやっていた頃で、飯豊さんのフレッシュな演技も良かったです。ドラマの中で、善と悪がしっかり表現されていて、最後の森川葵さんの演技も圧巻でした。森川さんもこのドラマをきっかけに知りました。最後は本当に衝撃的なので、最後まで見てほしいドラマです。
強いて言えば、大森さんの役の上司の役をやっていた西田敏行さんも大森さんの役の味方なのか敵なのか、翻弄する役をやっていて、注目して欲しい人です。
韓国ドラマが原作ということで、日本のドラマとはまた違った展開が楽しめる作品でした。特に主人公の努力が思ったよりも報われないという厳しさに韓国ドラマの名残を感じましたし、決して幸せな展開が用意されているわけではないリアルさも感じられました。そしてこの作品で一番印象に残っているのが、犯人が誰か分かっているのに様々ないざこざのせいで捕まえられないもどかしさが続くところです。普通のドラマだと犯人を突き止めるまでに時間を割くのに対して、犯人が既に分かっている状態で物語が進んでいくのが斬新だなと思いました。医療をテーマにした内容かと思いきや権力争い的なシーンも増えてきたり、どんどん先の展開が予想しにくくなる辺りも面白かったです。
人気韓国ドラマのリメイクということもあって設定もしっかりとしており、発生した事件だけでなく、登場人物たちの様々な立場や思惑などの人間模様なども描かれているので、見ごたえがありました。また、シリアス一辺倒だけでなく、大森南朋演じる柚木と飯豊まりえ演じる中園の最初は関係が悪かった二人が徐々に師弟として信頼する二人の姿ややり取りが時折クスッと笑えるなどコミカルなシーンもあったのもよかったです。そして、終盤は必見でした。ついに森川葵演じる謎の女がストーリーに大きく関わってきますが、森川葵の狂気的な演技に魅了され、さらにストーリーに関しても思ってもいなかった展開が待ち受けており、涙なしでは見ることができませんでした。
韓国ドラマのリメイクですが、この世界観は気に入ってて、好きでした。それが、最終回に柚木先生(大森南朋)の(ネタバレ)という、続きは望めない展開になっていて、悲しかったドラマ。柚木先生のキャラは最初にうざく感じましたが、だんだん話が進むと、実は良い人だと分かって好きになりました。そして、解剖医と刑事の師弟コンビはどちらも良かったです。捜査一課長もカッコよくて、頼りがいがありました。院長(仲村トオル)が、柚木先生が殺されるまで、何人も人が死のうが変わらないのは怖かった。ドラマの中で、少しグロいシーンもありますが、内容は面白いので、楽しかったです。とくに事件と放医研の政治的な部分をどちら側も上手く描写していて、勉強になりました。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像