動画配信状況

ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズを一気観したい!どこで配信している?

※本ページの情報は2022年9月20日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2017年1月~ シーズン1『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』がテレビ東京で放送。
  • 出演・キャスト
    遠藤憲一、大杉漣
    田口トモロヲ、寺島進
  • 2018年2月~ シーズン2『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』がテレビ東京で放送。
  • 2021年1月~ シーズン3『バイプレイヤーズ 〜名脇役の森の100日間〜』がテレビ東京で放送開始。
  • 2021年4月に映画『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』が劇場公開

テレビドラマに映画、『バイプレイヤーズ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~【テレビ東京オンデマンド】 レンタル
バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~【テレビ東京オンデマンド】 レンタル
バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~【テレビ東京オンデマンド】 レンタル
映画
作品名 配信状況
バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら 10/9から配信

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年9月20日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~
バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~
バイプレイヤーズ~名脇役の森の 100 日間~

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年9月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

映画
作品名 配信状況
バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年9月20日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~
バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~
バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~
映画
作品名 配信状況
映画「バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」 レンタル

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年9月20日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~ レンタル
バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ レンタル
バイプレイヤーズ ~名脇役の森の100日間~ レンタル
映画
作品名 配信状況
映画「バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~ DVD
バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ DVD
バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~ DVD
映画
作品名 配信状況
映画「バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら」 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

バイプレイヤーズ ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~

テレビドラマ1作目
新しくスタートするドラマの監督の指示で、出演者の6人がシェアハウスで3ヶ月共同生活をするお話です。一応大筋としては昔この6人で撮った映画のフィルムが管理していた大杉さんの元から盗まれて、その犯人が誰かストーリーでは追っているのですが、その事はあまり重要ではなく、いい年したおじさん6人がしょうもない事できゃっきゃ言ったり、わちゃわちゃしながら共同生活する様を見るのが微笑ましくて面白かったです。6人ともバイプレーヤーとはいえ、ベテラン俳優だけあって演技もしっかりしていて、それぞれ個性があり、安心して見ていられました。また竹原ピストルズのエンディングテーマもドラマの内容にすごく合っていて、毎回聞くのが楽しみでした。おじさん達に癒されたい人にはぜひ見てもらいたいドラマです。
テレビドラマ1作目
色々な作品で活躍されているバイプレイヤーの方たちが、これだけ出演している豪華な作品でした。自分を演じるという設定ながら、現実にはありえないだろうなというおじさん同士のシェアハウス、家の中での何気ないやり取りが見ていて癒される作品です。日々のごみだしじゃんけんやご飯を作ったり洗濯を干したり、本当にシェアハウスをしていたらこんな感じなのかなと思えるシーンが多く、ほんわかと楽しむことができました。基本的には和む作品でありながら、話が進むにつれて色々な謎が増えていき、解決していくところもバイプレイヤーズの見どころの1つです。シェアハウスをした6人以外にも、色々な役者さんが実名で登場していて、次は誰が出るだろうという点でも楽しめました。
テレビドラマ1作目
映画制作のオファを受けて3か月のシェアハウス生活を送ることになるのですが、なんとも豪華なメンバーで見ごたえがありました。共同生活する中でのお互いのこだわり部分も面白く個性がぶつかり合っている感じがにじみ出ていました。タイトルも毎回テーマである「バイプレイヤーズ」が入っており、彼ら6人との組み合わせの妙が味わえました。芸能界の裏側も描いている部分があり、タブーへの挑戦もあったのかも。映画を撮り終えるまでも色々問題が発生しましたが、取り終えても事件が発生し10年後という経過の展開もあり最後まで飽きずに観られました。悪役顔のメンバーが多いので、悪役ならではの悩みなどがクローズアップされた回も面白かったです。
テレビドラマ1作目
このドラマはおじさんの渋いカッコ良さ、ちょっとオチャメな可愛さが詰まっているところが良かったです。三ヶ月間のシェアハウスにおじさん6人というユニークな設定からすでに興味をひかれますし、シェアハウス生活の中でお互いに心境の変化がでてくるところも丁寧に描かれていてかなり良かったです。さらにこのドラマは登場人物がみんなおじさんなのに、青春ドラマを見ているような気持ちになれます。それは彼らが夢を追い続け、仲間たちと切磋琢磨している様子がキラキラして見えるからだと思います。なので年齢なんて関係なく、何かに向かって努力をしていけばいつだって青春を感じることができるんだと改めて思いました。ギャグシーンもかなり多めで、楽しく見れるところも好きです。
テレビドラマ1作目
台本があるのかないのか分からないわちゃわちゃした感じで、アドリブで成り立っているのかと思うけれど、そのユルさが面白い。全員が『名脇役』だからこそ成り立つドラマだと思う。毎回登場するゲストもまた『名脇役』揃いで次は誰が来るのか楽しみになる。役者さんたちが本人役ででているので現実でもこんな感じなのだろうかと想像してしまう。
強面のいい歳したおじさん達がどうでもいい事で言い争ったり、悩んだり笑いあう様子は、渋くてゆるくて楽しい。始終ニヤニヤしながら気軽に観られるこんなドラマは多分他にはない。
エンディングの竹原ピストルの歌も渋みがあって『名脇役』達にぴったり合う。
渋いおじさん、かわいいおじさんが好きな人、のほほんとリラックスしたい人、何も考えずにただ楽しみたい人におすすめのドラマだ。
テレビドラマ1作目
本作「バイプレイヤーズ」は、タイトル通りに日本映画界を代表する名脇役が集結し、6人で共同生活を行うというユニークな設定となっており、俳優たちの豪華共演が大変話題となりました。監督を務めたのは、俳優としても活躍する松居大悟監督で昨今では「ちょっと思い出しただけ」が高い評価を受けるなど、才能のある若手監督として人気が急上昇しております。遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、そして、光石研とこれだけの豪華な俳優が集結してしまうと、とっちらかった内容になってしまう恐れもあったと思うのですが、それぞれの俳優がバランスをとりながらそれぞれの良さを表現しており、俳優としても活躍する松居大悟監督ならではの演出と映画の脇を固める役どころで数々の作品に出演してきたキャスト陣と相乗効果が生まれた素晴らしいドラマでした。

映画『バイプレイヤーズ 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』

映画版
ドラマが面白かったので映画も視聴。タイトル通りドラマ以上に見たことのある俳優さんがわんさか出てきて、それだけでもなんだか面白かったです。特に、リアルとフィクションの真ん中といった表現がぴったりな世界観は映画にもしっかり健在!とは言え、本作はあくまでフィクションという立ち位置。頭ではそのことをわかったつもりで見てはいるものの、俳優さんたちのほっこり感あふれる仲の良い絡みは、やっぱり完全フィクションとも思えなかったり。そのあたりもやはり名俳優さんのなせるわざ?そう思うと改めてスゴイです。そしてやっぱり遠藤憲一さんが個人的には最高!ポジションが相変わらず面白い。なぜかの毎回のフィリピンネタがしっかり入っているところも良かったです。
映画版
この映画はとにかくキャストがすごく豪華で、「こんな人がちょい役で出ているのか」というインパクトがあります。まずメインである松重さん達が本当に良いエッセンスになっています。天海祐希さんやりょうさん、役所広司さんなど大御所もちゃんと映画に華を添えてくれているので見ていてとても高揚感があります。撮影現場での色々なトラブルに立ち向かっていく姿が描かれるのでコミカルとユーモアが同居しているような楽しさがありましたね。若手女優さんもたくさん参加していて、芳根京子さんや有村架純さんもすごくサプライズ感があり新鮮な気持ちで映画を楽しむことができました。一番注目したのは志田未来さんです。彼女の演技がこの映画では一番ハマっていたように感じられます。
この映画は出演している俳優たちがとにかく豪華で、どのシーンでも知っている俳優が写っているので思わずテンションが上がってしまいました。ストーリーはかなりごちゃごちゃしているように見えて、最後の方ではちゃんと一つの物語としてまとまっているところが良かったです。そして劇中では他のドラマのパロディネタなども入っているので、ドラマが好きな人や詳しい人なら一段と楽しめると思いました。登場人物が結構多いですが、みんなの普通の会話シーンですら笑えるところが満載なので、最初から最後まで楽しい気持ちで見られました。最初はただのギャグ映画かと思いきや、途中から友情などの要素も入ってちゃんと感動できるような部分も増えてくるのが良かったです。
映画版
邦画界を支えるオールスター集結といった感じでワクワクしましたし、楽しめました。キャストを見ると、こんな人も出ているのかとびっくりするほどたくさんの有名俳優の方が出ているのですが、その方がどこで出演しているのか探すのも別の楽しみでした。大笑いするような感じではないけど、クスっと笑える表現やセリフがあって、難しいことを考えずにリラックスして楽しめる作品でした。個人的には松重豊さんがやっぱりかっこいいな~と唸ってしまいました。ひょうひょうとしているんだけど、なんかおしゃれで存在感があって、影のようにそこにいるんだけど、明るい笑顔があって、素晴らしい役者さんだなと思いました。邦画好きな方へのオールスター戦みたいな感じで、とてもいいと思います。
映画版
基本的には、ドラマを見ていることが前提になるだろうなという感じの【裏側】を描く作品であります。原作が好きならとても楽しい作品です。
ドラマからのネタである部分がたっぷりありますが、原作を知らなくても説明不足という部分はほとんどないと思われますので、原作未視聴でも疎外感はないと考えられます。
バイプレイヤーとは言うけれど、割と大物も存在しますのでバイプレイヤー感はちょっと薄まっているのかもしれません。
また、みんな本人役であり、割と素の部分や本人が演じていることが多いキャラも見れるようなところでありますから、映画やドラマ好きほど面白く感じるでしょう。
映画視聴後はまたドラマを一から見始める感じになるほど好きです。
映画版
テレビ東京系で放送され、名脇役たちの豪華すぎる共演が話題となり、人気を博したドラマ「バイプレイヤーズ」の劇場映画版として公開された本作は 〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜というサブタイトル通り、ドラマ以上の豪華共演が魅力的な作品となっています。遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊らドラマに出演した俳優陣はもちろんのこと、ゲスト出演の俳優が役所広司、北村一輝ら演技派俳優から向井理、速水もこみちらのイケメン俳優まで幅広い出演者が100人集結し、次はどんな人が出るのかわくわくしながら観ることが出来ます。ですが、ただ豪華キャストが出演するだけの映画ではなく、ドラマと同じく松居大悟氏が監督を務めており、ドラマと同じくそれぞれの俳優の良さが出たしっかりとした作品となっています。
今おすすめのお得情報!