雑誌読み放題

【2020年2月版】Tマガジンを使ってレビュー。他社の雑誌読み放題と比較してみました

Tマガジン/T-MAGAZINE

雑誌読み放題サービスと言えばdマガジン楽天マガジンが有名ですが、そこにTSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブが参入。
大手三つ巴の戦いになってきました。

それではここからdマガジン、楽天マガジンと比較しながらTマガジンのレビューをしていきたいと思います。

残念なことにTマガジンの『有料サービス』が2020年5月31日に終了することが発表されました。わずか1年で撤退とは…。dマガジン楽天マガジンの牙城は崩せなかったようです。

Tマガジンとは

TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が提供する雑誌読み放題サービスです。
月額400円(税抜)で450誌以上の雑誌が読み放題という大変オトクなサービスになっています。

対応端末一覧

  • スマートフォン(iPhone、Android)
  • タブレット(iPad)
  • パソコン(Windows、mac)

スマートフォン(iPhone、Android)、タブレット(iPad)はアプリが用意されています。

Tマガジン

Tマガジン

T-MAGAZINE Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

パソコンからはChrome(クローム)やEdge(エッジ)、Safari(サファリ)といったWEBブラウザから読むことができます。

複数端末で使用できる?

Tマガジンは1つのアカウントで5台まで利用できます。

例えばiPhone(アイフォーン)のTマガジンアプリを使うと、そのiPhoneが使用する機種として登録されます。
同じくiPad(アイパッド)のTマガジンアプリを使うと、そのiPadが使用する機種として登録されます。
そんな感じで最大5台まで登録できます。

使わなくなった機種はアプリ左上の「三」メニューを押して「利用端末の確認」ページから解除することができます。
アプリの利用台数が上限に達してしまった、使わなくなった端末を整理したい、といった場合に上記の「解除」をすることで登録台数に空きを作ることができます。

Tマガジン メニューボタン T-MAGAZINE 利用端末の確認
Tマガジン 利用端末の解除解除をタップすることで、利用端末に空きを作れます。

パソコンで読む場合はWEBブラウザ(SafariやChromeなど)を使ってTマガジンのサイトを開いて読むことになります。

WEBブラウザで見る場合は登録デバイスに含まれません。
ブラウザでの利用は1台までログインして見ることができます。
※重複してログインすると「他の端末からログインされました。再ログインしてください。」と表示されます。

Tマガジン 複数ログイン

同時使用台数は?

Tマガジンの場合、5台+WEBブラウザで同時利用もできるようです。

私の手元には、さすがに5台は無かったのですが、iPhoneとiPad、それにWindowsパソコンでWEBブラウザ(Chrome)を使って、3台同時利用したところ、問題なく利用できました。

ラインナップ 一覧

450誌以上の雑誌があるので、幅広いラインナップが用意されています。
週刊誌、ファッション誌、ビジネス、経済、料理にレジャー、アニメ、ホビー……それらに加えて一部の漫画雑誌、R18作品もあります。
またセーフサーチをONにすることで、R18コンテンツの表示を制限することもできます。

450誌以上あるので、ここに一覧を載せるとスクロールするだけでも、すごい長さになってしまいます。
どんな雑誌があるのか、是非Tマガジンのサイトで確認していただければと思います。
※リンク先の「雑誌一覧はこちら」ボタンから確認できます。

主要な雑誌はほとんど網羅されているといっていいのではないでしょうか。

バックナンバーも読める

ついつい読み忘れてしまった前号。
Tマガジンでは、バックナンバーも読めます。

ただし、雑誌ごとに何号前まで用意されているかは変わってきます。
直前の号だけの雑誌もありますし、複数号にさかのぼって用意されている雑誌もあります。

ちょっと分かりづらいのですが、バックナンバーを見る場合「雑誌名」をタップしてください。
雑誌表紙の方をタップすると、直接その号を開いてしまいます。
雑誌名の方をタップすることで、雑誌の詳細ページを開くことができます。そこからバックナンバー一覧が見れます。

Tマガジン雑誌詳細
Tマガジンのバックナンバーバックナンバーが少しの雑誌もあれば…
Tマガジン DIMEのバックナンバーたくさんのバックナンバーがある雑誌もあります。

料金は?

Tマガジンは月額400円(税抜)です。

支払い方法

支払いにはクレジットカードが必要です。
VISA・MasterCard・JCB・ダイナースクラブ、AMERICAN EXPRESSが使用できます。

T-MAGAZINE 支払い クレジットカード

Tポイント(期間固定Tポイント)は使える?

Tポイントを1ポイント=1円で利用することもできます。

ダウンロードして読める

電波がない所でも事前にダウンロードしておくことで、雑誌を読むことができます。

自宅などのWi-Fi(ワイファイ)がある環境で読みたい雑誌をあらかじめダウンロード。
電車内や学校、会社など電波が不安定なところ、無いところ、飛行機内など電波が出せないところでも、ダウンロード済みの雑誌を読むことが出来ます。

雑誌をダウンロードするには、バックナンバーと同様で雑誌詳細ページから行います。
「雑誌名」をタップすると雑誌詳細ページが見れます。

Tマガジン雑誌詳細
T-MAGAZINE 雑誌をダウンロードダウンロードボタンをタップ
Tマガジン ダウンロードした雑誌を読む / 削除ダウンロードタブから雑誌を読んだり削除ができます。

解約は?

解約はTマガジンのマイページから行います。

マイページを開き、「契約情報」をタップ。
一番下にスクロールすると解約ボタンがあります。

T-MAGAZINE 解約 Tマガジン

dマガジン、楽天マガジンと比較して

複数端末での同時視聴の制限も、どのサービスも同一です(アプリ5台+WEB1台)。
事前ダウンロードによるオフライン視聴もどのサービスも提供しています。

料金に関しては…

料金面では楽天マガジンが一歩リードしています。
年額プランにすればさらにお得です。

雑誌の種類は…

Tマガジンと楽天マガジンが一歩リードしていますね。

アプリの使い勝手は多少の差はあるものの、正直な所それが理由で選ぶサービスを決めるほどの差はないかなぁと感じました。
どのサービスでも基本的な機能を網羅しているため不便を感じません。

機能面に差がなく、料金面も月100円の差に収まっています。
それならば読みたい雑誌がいくつ揃っているか、それだけで決めてしまってもいいかもしれません。
どのサービスも膨大な量の雑誌があるので、それぞれのリンク先で確認してみてください。

  • Tマガジン
    一番下にスクロールした所にある「雑誌一覧はこちら」から見れます。
  • 楽天マガジン
    一番下にスクロールした所にある「参加雑誌一覧」から見れます。
    少し分かりづらかったので画像付きで。

    iPhone/楽天マガジン参加雑誌一覧iPhone/Androidの場合
    iPad/パソコン 楽天マガジン参加雑誌一覧iPad、パソコン表示の場合
  • dマガジン

どのサービスも雑誌一冊相当の月額料金なので、どれを選んでも大変お得なのは間違いなしです。一冊読んだだけで元が取れます。
初回1ヶ月無料もどのサービスも提供しているので、ひと月ごとに無料期間を渡り歩くのもいいと思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です