動画配信状況

ドラマ『W県警の悲劇』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年9月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2019年7月~ BSテレ東でテレビ放送。
  • 出演
    芦名星、正名僕蔵
    大石吾朗、佐藤仁美
  • 葉真中顕による小説『W県警の悲劇』

ドラマ『W県警の悲劇』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
W県警の悲劇

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに119誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて25ヶ月連続「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2021年9月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
W県警の悲劇

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。
まずは2週間無料体験!

Paraviの無料体験はここから

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYAの動画配信+DVD宅配レンタル

TSUTAYA TV(動画配信)

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

芦名星さん主演のちょっと変わった警察物ドラマ。
W県警初の女性警視である主人公が、さらに上の立場である男性幹部たちから押し付けられる県警の不祥事の尻拭いをさせられてはいるが、主人公自身もそれを利用してさらなる出世を目指していたりしており、なかなかヒリヒリするドラマである。
出てくるキャストたちがひと癖もふた癖もある人たちばかりで、主人公に相対する女性のゲストキャラはもちろんのこと、脇を固める方々も非常に濃い人が多く、そういう点でも目が奪われた。
全話を通した物語があるものの基本的には1話完結のストーリーで、1話見逃したからと言って次の話が全く分からなくなるというわけでもないので、気楽に見れた。
と思っていたら最後の最後の大どんでん返しがあり、それには本当にびっくりしてしまい、最初から通しで見たいー!!と思わせられた。
セリフの言い回しの上手さ、女性たちの闇などじっくりと見てしまうドラマです。そしてやっぱり美しい、芦名さんのあの凛とした雰囲気もドラマ全体によく合っていて素敵でしたし、重鎮たちが囲む円卓が仰々しい場所ではなくありきたりなところにあるところもなんだか逆に怖さが増しておもしろいところです。
出演陣のにじみ出るほどの濃さや、重いストーリーばかりとおもわせての中間でのほっこり具合。うまいドラマだとおもいました。ラストに賛否両論あるようですが私は好きです。まずはぜひ1話を見てほしいです、佐藤仁美の無双状態とでもいうのでしょうか、そういった演技も見どころです。もやもやしたドラマが好きな方はぜひ見て欲しいですね
芦名星さんが主演した刑事ドラマ『W県警の悲劇』。刑事ドラマというよりも警察の内部、しかも女性たちにスポットが当たっているので他の刑事ドラマとはまったく違う仕上がりで面白かったです。芦名さんが対峙することになる女性ゲストは毎回強力で見応えがあります。しかも監察官という立場なので警察の内部事情なども垣間見ることが出来興味深かったです。1話完結になっているので観やすいのですが、実は1話から最終回に繋がる大どんでん返しも用意されていて秀逸な構成になっていました。単なる悪事を裁くと言うよりも誰もが心の奥深いところにある”秘め事”や”罪と罰”の部分が描かれているので女性の生き方や仕事についても考えるきっかけになるかも。
女性の社会進出が目覚ましい中で、警察組織は未だに女性が活躍できていないイメージがある職場の一つであるのではないでしょうか。そしてこのドラマを見ることで、自分の中で意識したのが男性上司による凄まじい女性蔑視です。とはいってもヒロインには、悲壮感といったものがなく淡々と仕事をこなす姿がひたすら格好よかったです。ヒロインは古臭い因習のあるW県警組織で、トップを目指し冷静に対応します。ドラマの中では男性上司が中華料理の円卓を囲み料理に舌鼓をうちながら、ヒロインに強引な指示を出していました。この円卓での会議こそが、ドラマの中での権力の象徴でありヒロインである松永警視が狙っているポジションでもあります。困難で時には複雑な思いを抱きながらも事件を解決していき、最終話では警視から警視正に昇格する松永警視正の先行きが楽しみな作品でした。
県警監察官である女性警視(のちに女性初の警視正)を主人公とし、監察対象も女性という一話完結のようでありながら緩やかに各話が繋がる刑事ドラマです。
刑事物といえば男性社会の象徴であり男性同士のマウンティングを中心として描かれることが多いと思うのですが、この女性目線の刑事ドラマという視点がまず面白いと思いました。
主人公の芦名星さんが演じるのは、県警を改革しようとする野心的な監察官です。彼女は中華料理店で開かれる「円卓会議」の席で、食事を摂る男性上司たちを前に立ったまま監察結果の報告をさせられるような屈辱に耐えながら、時には事件関係者を踏み台にしてでも上を目指します。
監察対象となる女性たちも、同僚からのセクハラに悩み復讐しようとする所轄の刑事(佐津川愛美)や、窃盗犯を逮捕しようとするうちにクレプトマニア化してしまう女性警察官(戸田菜穂)や介護殺人の容疑で捜査を受ける先輩刑事(床嶋佳子)など、人間臭い悩みを抱え犯罪に走る女性たちで、筋書きにも演技にも引き込まれました。
監察官が調査を終え一件落着したようでも、真実はまだ他にある…など単純そうに見える事件にも二転三転する真実があり、それぞれの内容も濃かったです。
中でも1話と最終話に登場した佐藤仁美さんは闇が深い女性刑事を演じ、続編で展開が見てみたいと思いました。
主演の芦名さんが亡くなり今後彼女のお芝居が見られないことが本当に残念に思います。
ドラマ『W県警の悲劇』を観て、「性別の壁を取り払おうとする菜穂子」と「一筋縄ではいかない女性たち」が特に魅力的だと思いました。
まず、性別の壁を取り払おうとする菜穂子についてです。このドラマでは、監察医の菜穂子の様子が描かれます。菜穂子は、W県警の幹部たちが集う会合に招待されることになり、女性の地位向上を目指して奮闘します。監察医としての仕事に真摯に向き合いながら、男性たちばかりの状況にも負けずに立ち向かう菜穂子の姿に、尊敬の念を抱きながら観ていました。
次に、一筋縄ではいかない女性たちについてです。菜穂子は、同じ警察官として働く女性たちと接することになりますが、警察官の親を亡くしていたり、上司に恋をしていたりと複雑な背景を抱えています。一癖ある女性たちに、面白さを感じながら観ていました。
今おすすめのお得情報!

スポーツ見放題DAZN(ダゾーン)でお得なキャンペーン実施中!

10月17日23:59まで!携帯電話会社がドコモの方なら『DAZN for docomo おうちで観戦!全力応援キャンペーン』でポイント還元。
実質1,078円で6ヶ月間も大幅割引で見れる。


Amazonの音楽聴き放題サービス3ヶ月~4ヶ月無料キャンペーン実施中!
※対象者によって3ヶ月、または4ヶ月になるなど変わるようです。
※キャンペーン対象者でない場合もあります。
詳しくはリンク先で確認!

キャンペーン期限は9月23日まで

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)はこちら


話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です